2016年09月08日

自分の居場所を整える

私は直に座るのが好きで、自室では炬燵テーブルに座椅子の生活をしている。
夏場は庭に面した洋間に直接座椅子を置いていたが、そろそろ下半身が冷えるようになってきた。
ということで、畳マットを買ってみた。

DSC_1223.jpg

洋間の広さは6畳だが、3畳分だけ買って、その上に炬燵テーブルと座椅子を置いた。
3畳あると座椅子を倒して横になることもできる。
厚みもあるから、断熱効果はある。
新しいから青畳のいい香りもする。

1畳6,000円だから3畳で2万弱、それほど高いものでもない。
畳の織も雑で、繊維の撥ねも目につく。
しょせん何年かで買い捨ての品だろう。

それはそれで結構だ。
いつも過ごす部屋だから、3年快適に使えたら満足だ。
11月になればニトリでカーペットを買い、炬燵布団を掛ける。
真冬になれば石油ストーブもいるだろう。

実家に帰って半年だが、少しづつ自分の居場所を整えている。

posted by なすび at 21:36| Comment(2) | リタイヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
独身生活だと居住空間を整えるにしてもたいしてお金もかかりませんね。
私もこちらに引っ越して2年がたちますが、前の持ち主がほとんど置いて行ってくれたので
お金を使ったことと言えば庭木の伐採や網戸の張替え洗面所の蛇口の取り換え電子レンジの買い替え
ぐらいでした。

そう言えば、今まで気が付かなかったけど炬燵や座椅子はこちらには置いてないです。
秋になれば自宅から持ってこようか…
Posted by バッタモン at 2016年09月09日 08:23
バッタモンさん

最近は比較的安価で質の悪くない家具を売っています。
ニトリなんかがそうですね。
車があるので家具屋を回るのも楽だし、持って帰ることもできます。
ホームセンターにも修理部材や道具があるので自分である程度できそうです。

前の持ち主が家財を置いて行ってくれたのは助かりますね。
不要なものは捨て、必要なものを買い足せばいい。
バッタモンさんのところは広いので置き場(倉庫)もあるでしょう。
当面使わないものの保管もできますね。
Posted by なすび at 2016年09月09日 08:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: