2016年08月06日

私の景気

リタイア前に金の計算は入念にした。
金がなくて行動を制約されるのが嫌だったからである。

過去10年以上、収支を記録していたから、自分が無理なく過ごせる日常生活費については把握している。
小遣いを含めても年に200万あれば十分だ。

問題は「遊ぶための金」である。
これは正直分からなかった。
リタイア前も金がかかる遊びをほとんどしていなかったからである。
たまに高い器を買う、たまに高級レストランに行く・・・という程度だった。

ただ、リタイアして時間ができたとき、金がなくてしたい遊びができないのは困ると思った。
だから、生活費以外に「遊ぶための金」もそれなりに見込んだ。
車の買換や家の修繕費も別途積み立てた。

しかし、実際にリタイアしてみると・・・まったく金を使わない。
リタイア前と生活も遊び方も変わっていないからである。
金がかかりそうな遊び(キャバクラ・リッチな旅・ゴルフ・パチンコ・社交・外車趣味など)にほとんど興味が沸かない。
このままでは大枚を残したまま死ぬこと確実である。

どうかと思うが、私の気分が変わらない限りどうしようもない。
日本の景気と同じで簡単には変わりそうもないのである。


【追記】
もっと金があれば、便利な場所に広い土地を買い、好みの家と庭作りをする。
お手伝いさんを雇い、家事を任せる。
庭師を雇い、庭をきれいに保つ。
残念ながら、そこまでの金はない。

posted by なすび at 20:23| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
セミリタイア中ですが、旅行やゴルフ熱は下がってきました。外車は興味ありますが見たり試乗で楽しむくらい。キャバクラいくなら風俗にいきますね、安いし目的達成できます。
Posted by たんちん at 2016年08月07日 00:08
たんちんさん

「キャバクラ・リッチな旅・ゴルフ・パチンコ・社交・外車趣味など」と大人の男がしそうなことを書き連ねてみましたが、大体こんなものなんでしょうね。

外車ではありませんが、車は楽しく乗っています。
まだ買って4ヶ月だから新鮮なのでしょう。
しかし、燃費がいいので金はかかっていません。
Posted by なすび at 2016年08月07日 08:46
私は家計簿をつけてますが大体年間200万円以内に収まっています。

今年はパラグライダーを新たに買ったので少しオーバーすると思います。
あと掛ると言えば車の買い替えと家の補修ぐらいですかね。
車はもう最後だと思うので300万以上する少し高級なのが欲しい。
(買ったらどうしょうかな?昔お世話になった零細企業の社長さんや、意地悪な元上司や同僚の処へ訪ねていこうかな(笑))
今年61になったので年金の一部支給も始まりました、これで生活費の半分は補えます。
65歳からは年金と株の配当と個人年金で月々30万円ぐらいある予定です。
お金の心配がないと言うのはホントに楽です。
結婚しなくてよかった、今が一番幸せ。
Posted by バッタモン at 2016年08月07日 13:00
バッタモンさん

自宅ありの一人なら200万で普通に生活できます。
困窮感もありません。

あとは遊び金ですが、これは基準がありません。
普通、余裕がある、豊かなどの差は結局、遊び金をいくら使うかということでしょう。

300万といえばマツダではアテンザクラスでしょうか(私のデミオは200万)。
SUVとかでなければ、結構高級感のあるものが手に入りますね。

月30万、年360万は余裕がありますね。
税・社保を抜かれても150万近くの遊び金があります。
堅実な暮しをしている人にとっては、かなり気合を入れないと使い切れないと思います。
贅沢な旅をしたり、旨い外食(今時分は鰻)を楽しんでください。

Posted by なすび at 2016年08月07日 13:48
いいですねー。
そのまま金銭的余裕を保ったまま、悠々とリタイアを楽しんだらいいんじゃないですか。
最終的に残りそうになったら寄付という手もあるのだし。
変に国家に相続税を取られるより使い道が分かる寄付のほうがいいと思います。
Posted by 招き猫の右手 at 2016年08月11日 20:07
招き猫の右手さん

どうせ余して死ぬでしょう。
余した金は安心料だったということですね。

猫さんもそうでしょうが、私も無理して金を使うのが苦痛です。
ときに高価なランチを試してみますが、あまり満足はしません。
ほどよい価格でほどよいものが食べられた時が一番うれしいです。
Posted by なすび at 2016年08月11日 22:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: