2016年05月29日

ニュースに飽きた

最近、ニュースに興味がなくなった。
理由は「政治・経済の仕組みが大体分かった」「世の中は簡単に変わらない」ということだろう。
要は飽きたのである。

専門を極める人は更に細部を知ろうとするだろう。
が、私にはそんな気はない。
大体分かればそれで満腹である。

中国共産党や北朝鮮金王朝が崩壊すれば興味が蘇るかもしれない。
が、そこまで大きな変化は起きそうもない。
「そうなるだろう」と予想される方向にゆっくりと「そうなっている」だけである。

ソ連やベルリンの壁崩壊はショッキングな大ニュースだった。
しかし、今の世の中はすぐに情報が漏れ伝わり、様々な角度から分析されるから「唐突な事件」は発生しにくいのかもしれない。
中国共産党が倒されるにしても、数年も前から事情が詳細に流され、実際に崩壊したときは「やっと倒れたか」と感じることになるだろう。

私は「虎の門ニュース」「チャンネル桜」「おはよう寺ちゃん」「ザボイス」をユーチューブで聞いている。
全部ではない。
好きなコメンテーターが興味のある話題を取り上げているときだけだ。

それで私には十分だ。
世の動きが分かった気になる。
世の進む方向は大体イメージできるから、あとはコメンテーターのコメントでその進捗を確認するという感じである。


【追記】
 リタイアして他人に興味がなくなった。
 それがニュースが詰まらなくなった最大の理由かもしれない。

posted by なすび at 21:28| Comment(17) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
民主主義の大国が、小国のことなぞどうでもよく自分だけと思ったとき、お隣のうそつきの国たちは戦争再開するのだろうか?そんなことを。
自国以外に敵を作ることで批判をそらす、そんなことができるなら、お隣の大国は何でもやりそうだ。時代錯誤も甚だしくあり得ない!と言えないような感じがします。
Posted by 煙々 at 2016年05月29日 21:38
煙々さん

私はネットで政治情報を収集していますから、中国や朝鮮半島の詭弁はよく知っているつもりです。
日本のマスコミがそれらの国の悪口を言わないことも知っています。
だから、私には常識なのですが、我々の常識が世間でどれほど常識になっているのか・・・これが分かりません(笑)。
いま私が知りたいニュースがあるとすれば、「私の常識は大半の日本人の常識なのか」ということです。
Posted by なすび at 2016年05月29日 21:53
ろくなニュースありません、気分の悪くなるものばかり、耳をふさぐのもいいかもしれませんね
Posted by たんちん at 2016年05月29日 23:49
たんちんさん

つまらないニュースが多いですよね。
いいニュースは伊勢志摩サミットくらいでしょうか。
オバマには広島でもう少し踏み込んで欲しかったな。
Posted by なすび at 2016年05月29日 23:59
私はニュースを見るのが好きです。
ニュースそのものよりも、そも物事により世の中がどうなっていくのかを予想したり
また、しゃべっている総理や代表の腹の中を読んだり心を察したりするのが
好きです。
前にサミットで総理は消費税増税延期、衆参ダブル選挙、大規模な財政出動をするだろうと
妄想してますと言いましたが
さて、どれだけ当たるでしょうか…

これから6月にかけかなり政局が動きそうです。

Posted by バッタモン at 2016年05月30日 09:15
追伸

2月3日のコメントで「今はリーマンショック前夜」と書きましたが
同じことをサミットで安倍総理が言ってましたね。
笑いました
Posted by バッタモン at 2016年05月30日 09:30
バッタモンさん

「予想する楽しみ」「推察する楽しみ」ですか。
なかなか高尚な趣味ですね(笑)。
最近の私は自分に直接影響することしか興味が湧きません(笑)。

安倍さんはサミットで国民にアピールできたので支持率は上がっていますね。
ダブル選は今がチャンスで、やりたい気持ちはあるでしょう。
私としては「そこまで欲張らなくてもいいんじゃない」という感じです。

「今はリーマンショック前夜」は正直よく分かりません。
単に消費税凍結対策なのか、本当にそう思っているのか。
アメリカの経済事情を知らないものですから。
アメリカは貧富の格差という問題は顕著化していますが(トランプ・サンダース現象)、景気としては悪くないという情報しか持っていません。
Posted by なすび at 2016年05月30日 16:02
TVをまったく観なくなった時もネットのニュースは読んでましたが、最近はそれも少なくなりました。
やっぱり飽きているのかなあ?

特に投資に対してはインデックス投資にしてしまったので、経済ニュースの価値が自分にはほとんど無くなりました。
Posted by 招き猫の右手 at 2016年06月03日 20:31
招き猫の右手さん

ニュースも集中的に勉強すると、一通りの理解は得られます。
私はそれで満足してしまいました。
関心の範囲を広げる努力も、さらに深める努力も面倒です(笑)。

株は当面やるつもりはありませんが、やるとしたら日経平均のインデックスですかね。
一番リスクが少なく、方向が見え易いです。
Posted by なすび at 2016年06月03日 21:16
いやいや、日経平均はボラティリティの高いギャンブル市場ですので、先進国の中でもリスクは高いですよ。
投資主体でも外国人が半分くらいですから。しかも日本の国内市場は縮小傾向で内需はもう見込めませんから。
一番安定的に成長を続けているのはなんだかんだいって米国市場です。
なのでリスクが少なく方向性が見えやすいのを選ぶならS&P500に連動しているETF商品でも買うのをおすすめしますね。
Posted by 招き猫の右手 at 2016年06月12日 21:45
招き猫の右手さん

日経平均を出したのは、
・個別株よりは危険度が少ない
・自国の経済状況だから外国よりも把握しやすい
という理由です。

しかし、言われるように、
・為替の裏返しに過ぎず、結構揺れる
・日本経済がデフレ状況にあるので、株価が上がりにくい
というマイナスはありますね。

自国というメリットを採るか、外国のインフレを採るのかという判断ですが、そこまで真剣に検討したことはありません。
Posted by なすび at 2016年06月12日 22:22
すいません、内需の話を出しておいて逆のことを言うようですが、
日本市場ですが実は国内景気とは連動してないとも言われています。
たとえばトヨタ自動車などは売り上げの半分以上を北米で稼いでいるのでむしろあちらに連動しているわけです。事実米国の経済指標などがいいときにこれらの銘柄もあがるわけです、逆もまた。
なので日経平均に投資するのは国内経済状況のほうが分かりやすいから、というのは危険ですよ。
むしろ日本市場に上場されている銘柄や、指数などは外国の状況と連動しているからですね。
投資主体も外国人が大半ですから、彼らは自国で資金が必要になると日本株を売りますので。
なので日本株を運用するんだから国内事情を知っておけばいいというのはちょっと。。。
結論として日本株の個別株にしろ指数に投資するにしろ、外国の経済とは切っても切れないので、外国の経済事情にも目を配る必要がある、ということです。日本もあくまでもグローバル経済の一箇所ということです、ここだけが切り離されているわけではありません。
私はインデックス投資ですので、細かいことは考えてないですけどね。
Posted by 招き猫の右手 at 2016年06月15日 20:48
招き猫の右手さん

日本のニュースやネットは日本の景気だけでなく日本企業の業績も教えてくれます。
例えば、トヨタは中国の経済悪化で苦戦しているから今後厳しいなどと。
しかし、日本語の情報は海外の経済事情や海外企業の収益についてはなかなか伝えてくれません。

私が英語に堪能で日本語ネットと同様に英語ネットを読める人間なら海外投資するのもありでしょう。
しかし、私は海外経済や海外企業の情報を日本語でしか読みません。
だから私は海外企業については半分以上「めくら」です。
こんな人が海外企業に投資するのは適切かどうか・・・。

繰り返しになりますが、「日本語のニュースは日本経済を語っているだけではない。日本企業のことも語っている」ということです。
そして、残念ながら海外企業の事情はなかなか語ってくれません。
彼らも知らないのだからしかたがないですけどね(笑)。
Posted by なすび at 2016年06月15日 21:17
企業の情報開示と言う意味ならそれこそ米国が一番進んでいるはずですね。日本は株主資本主義が徹底してないのでむしろ秘密主義です。
情報なら日本語のロイターとかブルームバーグあたりでも読んでおけばそれで十分ですよ。
いずれにしても、日本市場に上場されている日本株というのは外国人の遊び場もとい激しいギャンブル場として使われていて先進国の中でももっともボラティリティが高くかつ脆弱なマーケットなので注意はしたほうがいいと思いますよ。
一番安全で安定しているのはなんだかんだいって米国株で、あのリーマンショック後でも最も立ち上がりが早かったわけです。日本なんて最も影響受けて戻りも一番遅かったんですから。
Posted by 招き猫の右手 at 2016年06月16日 23:36
招き猫の右手さん

アメリカ株を所有していればアメリカの企業情報に関心を示すのは当然ですね。
私もきっとそうするでしょう。

私は日本株しか所有していないので、日本の経済状況をぼんやりとウォッチしているだけです。
現在の私のような状況では自然に入ってくる情報は日本企業だけですね。
能動的に動かない限り、状況は変わらないでしょう。

私は成り行きで日本の個別株を3社持っています。
私のような投資嫌いの人間はさっさと処分したほうがいいと思います。
売るタイミングを探していますが、機会は当分なさそうです(笑)。
Posted by なすび at 2016年06月17日 16:22
いや、言いたいことはそうじゃないんですよw
僕は米国の個別株はむしろ1株も持っていないです。
個別はむしろ日本株で10社くらいもってます。
でも日本株しか持ってないから日本の経済状況だけウォッチしてればいいや、ではなく、
むしろ日本はグローバルの一部で投資主体も外国人が過半だから海外指標海外経済にモロに影響を受け、そこを無視するわけにはいかないよ、という話です。
日本株しか持ってないので日本の経済状況だけ見てればいいやとはならないということですね。
実際海外の大きな出来事と日本株の動きを照らし合わせてみたらいいと思いますよ。
Posted by 招き猫の右手 at 2016年06月19日 14:36
招き猫の右手さん

猫さんの言いたいことは理解しているつもりですよ。
「大企業はグローバル化しているので日本経済だけで会社の状態は把握できない」ということですよね。
同時に「日本のメディアは日本の企業の情報中心で、外国企業の情報を伝えてくれない」のも確かです。

結論から言えば「私が外国株に投資するなら、その国のニュースを読む」ということです。
該当国に興味がある、しょっちゅう行く状況でない限り該当国の会社に投資することはあり得ません。
日本に住んでいれば私のような暇人でも自然と日本の代表的な企業の情報は漏れ伝わってきますから。
Posted by なすび at 2016年06月19日 21:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: