2016年02月23日

看板に偽りなし

反日サヨク政党が共闘するようである。

民主はおバカな上流志向、維新はその仲間割れ、共産は裏のある庶民派だろう。
他は数のうちに入らない。

まずは、民主と維新が合併するようである。
両者は権力闘争で分派しただけだ。
維新という名も紛らわしいから、さっさと一緒になるがいい。
名を変えても中身は変わらないから、合わせて旧来の民主でいいだろう。
名を覚えるのも面倒である。

面倒ついでに、共産も民主と一緒になったらいい。
このときは、さすがに名を変えざるを得まい。
共産は高学歴が多いから、民主なんて馬鹿にしているだろうし。
おススメは「反日」である。
看板に偽りはないほうがいい。

自民VS反日・・・素晴らしい、マスメディアが望んだ二大政党ができあがる。

自民にも中韓が大好きな反日政治家が多い。
面倒だから、この際、反日党に合流したらいかがだろうか。

彼らも政権与党から移るわけだから、プライドがある。
反日党というわけにもいくまい。
素直に「中韓党」でいかがだろうか。
反日党も親中韓だから納得だろう。

そうなると自民も名を変えざるを得ない。
ストレートに「国民党」である。

国民党VS中韓党・・・なんだか台湾の逆バージョンのようだ。
看板に偽りはないから、これでいいのだろう。

posted by なすび at 14:27| Comment(4) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しかし、民主党にして共産党にしても今の経済最悪の中国やロシアに
すり寄ろうとする奴はいないでしょう(笑)
橋下が抜けた維新には名前を変えてほしいですね。
発足当時とは全く別ものですから。
それに民主との連合とは…
1+1=2を狙っているのでしょうが
それは無理でしょう。
むしろ単独で自民党を攻撃する方が国民の支持を得られる。
野党も情けないが今の自民党もだらしない。
少なくとも発足当時とは違ってきてます。
安倍政権は当初3本の矢
(大規模な金融緩和、拡張的な財政政策、民間投資を呼び起こす成長戦略、)
を打ち出しましたが、実行したのは金融緩和だけです。
財政政策は13年度に少しやっただけで、14年度からは緊縮財政にかじを切り
民間投資に至ってはニーサや年金の株式運用ぐらいのモノ。
これじゃ株安になったら大損(実際大損してます)。
それに安倍内閣になって国民の実質所得は5%も減っている。
中小企業や派遣で働いている人はつらいですよ
私はもう働いていませんからデフレは大歓迎ですが
10年前の私だったら野田民主党よりも最悪だと言ってたでしょうね。





Posted by バッタモン at 2016年02月24日 12:10
バッタモンさん

野党は真面目に政策論議をせず、与党の足を引っ張ることばかりしています。
大変愚かなことだと思いますが、政治に関心がない一般人にはその方が存在を示せるという判断なのでしょうか。
日本の政策は概ね官僚が決めているので、どう主張してみても落としどころは決まっているからでしょうか。

私は今の日本の論点は「グローバリズムVS反グローバリズム」位しかないと思いますが、グローバリズムが静かに進行しているだけで、国民的な対立軸にまではなっていないでしょう。
だから、日本には対立軸がないことになります。
野党の存在意義は限られています。

アベノミクスは「円安株高」政策に過ぎません。
なぜ財政出動して需要を作らないのでしょうかね。
その結果、消費増税分だけ庶民の生活は悪くなっています。
財務官僚が緊縮策を強く推進しているという人もいます。
官僚がそこまで愚かで、自分の利権にのみ終始する人とも思えませんが、外務省などを見るとやはり馬鹿という気もします(笑)。
変な官僚を排除するシステムがないので、官僚が一番腐敗しやすいのは確かでしょう。
Posted by なすび at 2016年02月24日 12:58
こないだ街中で共産党のポスターを見ましたが、ストップ安倍みたいなことを書いてて、ほんと成長してないなと思いました。
反対反対反対ばかりの反対野党はもういらないのですが。。。
Posted by 招き猫の右手 at 2016年02月27日 00:02
招き猫の右手さん

野党はそれ以外の主張はできないでしょうね。
真面目に議論すれば、与党と変わらない政策になるはずですから。
今の日本に現実的な落としどころはそう多くありません。
Posted by なすび at 2016年02月27日 08:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: