2016年02月15日

怪しい事件

自民党の山田賢司議員の金銭疑惑を告発 元公設秘書が不審死か

自民党の山田賢司議員の元公設秘書が車の中で練炭自殺を図ったとのこと。
この元秘書は数か月前から山田議員の金銭疑惑を自身のブログで暴露し、裁判所に告訴もしていた。
自殺にも関わらず、身元が分からぬほど遺体の損傷が激しいらしい。
怪しい事件である。

政治家は選挙のために常にお金を必要としており、叩いて埃が出ない人は一人もいない。
政治家秘書なら先刻ご承知であるし、彼ら自身が手先となって動いている実行犯である。
内部告発すれば自身も罪に問われるし、主人を裏切った男として二度と政界で仕事ができなくなる。
だから、よほどのことがないと暴露などしない。
そう考えると、正義感にかられた元秘書が告発し、それを迷惑に思う議員側が彼をポアしたという単純な話ではないような気がする。

私の推理はこんな感じだ。
山田議員を好ましく思わない勢力があり、元秘書を焚き付けて裏切らせた。
その代償として元秘書が反権力の政治家として立つことを応援する約束をした。
もともとその勢力は元秘書を応援する気などなかったし、適当なタイミングで彼をポアするつもりだった。
山田議員を貶めたら、それで目的を達成するからである。
その勢力とは金もあり、政治力もあり、闇とのつながりもある勢力であろう。

山田議員は西宮・芦屋の選出で、ここはもともと「拉致など存在しない」と言い切った土井たか子の地盤であった。
山田議員は保守色の強い政治家で、反日外国人をヘイトする失言も何度かあったようだ。
彼を憎む勢力とは・・・もはや言う必要もないだろう。


【追記】
 この事件は大手メディアではまったく報道されていない。
 政権による報道規制という人もいるが、そうであれば山田氏よりも大物の甘利問題が表に出るはずはない。
 警察も「裏がある」ことに気づいているからだろう。
 大手メディアが遠慮して報道しない犯人とは・・・たぶん私の予想が正しいのだろう。

posted by なすび at 17:57| Comment(4) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遺体の損傷が激しかったのは死後かなりの時間が立っていたからでしょうか?
まぁ、この手の事件は野党も下手に突っつくと藪蛇になるから取り上げにくい。
警察に任すしかないけど、闇から闇に葬られる可能性もありますね。
Posted by バッタモン at 2016年02月16日 13:00
バッタモンさん

ネットで調べると、前日まで家族といたようですね。
だから、外傷だと思います。

事件から数日たってまったく報道されないということは闇に入る確率大ですね。
いろいろ調べてみると、問題が発覚した政治家の秘書が失踪・自殺することは多い。
そしてほとんど表に出ない。

我々の知らない恐ろしい話はたくさんあるのでしょうね。
拉致が報道されるようになったのは90年代後半ですが、80年半ばには警察官で知らぬ人はいない状態だったようです。
Posted by なすび at 2016年02月16日 13:32
山田賢司衆院議員の元秘書野田氏の自殺の件、週刊文春や週刊現代では取り上げられましたね。
Posted by こばやん at 2016年03月04日 15:17
こばやんさん

週刊誌だけだ取り扱う・・・闇の事件ですね。
90年代前半までは拉致事件もそうでした。
Posted by なすび at 2016年03月04日 20:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: