2016年02月14日

なるようにしかならない

人間持って生まれたものがあるから、無理をしても大した進展は期待できない。
しかし、無理をしなければ生活を賄うこともままならない。
少しの無理ならまだいいが、大きな無理を続けることは辛い。
できれば少しの無理で一生を終えられたらと願う。
誰しも考えることだろう。

私は子供の頃から人に頭を下げたり、組織に縛られることが嫌いだったので、大人になると辛いことになる予感はあった。
浪人をしたのも、芸術に関心を持ったのも、大人になることから逃げ出したかったからだろう。

その予感通りの人生になったかというと、実際はそうでもない。
真っ青になったり、怒りや屈辱に震えることは何度かあったが、それなりにやり過ごすことはできた。
会社に行くのが嫌でしかたがない期間もあったが、得意絶頂の瞬間も幾度かあった。

そこそこの大学を出て、大企業に勤められたことが大きかったと思う。
個人で稼げるとはまったく思えなかったから、安易に会社を辞めなかったのもよかった。
結婚をしなかったから、それほど節約に励まなくても55でリタイアすることができそうだ。
これが私の命運だったのだろう。

他人に過度な期待は禁物であるように、自分にも過度な期待は禁物である。
歳を取れば諦めとともに納得することだが、若者がそれを受け入れることはできない。
私もそうだった。
要はなるようにしかならないということだろう。

posted by なすび at 18:05| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは
なるようにしかならない。同感です。
人生はなるようにしかならないし、なんとかなるものだと思ってます。
Posted by 小黒とら at 2016年02月14日 22:53
小黒とらさん

そうですね。
何とかなりますね。
何とかなるから現在こうして生きていられるし、なるようにしかならないから多かれ少なかれ無理をします。
本当にそれ以上語るべきことはありませんね。
Posted by なすび at 2016年02月14日 23:26
私の場合は高卒で自我も強かったのでなかなか良い仕事につくことができませんでした。
零細企業を渡り歩く人生でしたね。
そうなると組織とか人はあてにできませんから自分で何とかするしかない。
今はそこそこ良いリタイヤ生活を送ることが出来てますが
ここまでくるには投資や利殖で稼いできたこともありますが
何と言っても3大負債要因(住宅ローン、子供、専業主婦)
これがなかったことが大きいですね。
Posted by バッタモン at 2016年02月15日 09:34
バッタモンさん

そうですね、男一人、堅実に生活すればリタイア資金は何とかなりますね。
私も3大負債があればリタイアは無理だったでしょう。
65まで働くことは必至です。

人には様々な性格や能力があって、ほぼ変え難い。
多くの人に称賛される性格や能力の持ち主はごく少数ですから、非常に運のいい人だといえます。
歳とともに「運のことは自分ではいかんともし難いので、とやかく言ってもしかたがない」という心境になりますね(笑)。
Posted by なすび at 2016年02月15日 13:35
なるようになりますね、適当でもなんとかなります。
苦労は買ってでもしろという言い回しがありますが、僕は買ってくれる人がいるなら苦労は売ってでもしない、です。
あれは我慢を強いるために上のものが洗脳するための言葉だと思うんですよね。
苦労なんてしないで住むならそれに越した事は無いです。
なるようになるんですから。
Posted by 招き猫の右手 at 2016年02月22日 13:48
招き猫の右手さん

「苦労をする→得をする」という法則が成り立たないのなら、したくないですよね(笑)。
私もこの法則が成り立つと思えたときは無理もしていました。

しかし、この辺りは微妙ですね。
私が成り立つと思えた事案ではまったく得をしなかったり、成り立たないと思えた事案で得をしたりします。
要は私が愚かなだけなんでしょうが。

今の結論としては、「無理をしない方がよかった」という感じですね。
だから、猫さんに賛同します(笑)。
Posted by なすび at 2016年02月22日 14:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: