2016年01月28日

国民の僕

甘利大臣が辞任するようだ。
結構なことである。
トラップであることは確かだろうが、だからといって金を受け取っていいわけではない。

政権にとっては痛手だろうが、これを機に十分反省してほしい。
日韓合意、中国への植林援助、スワップ交渉など、最近は民意を無視した独断が目立つ。
政治家、官僚は国民の僕である。
民意に反することをするときには、時間をかけ、誠意をもってその理由を説明する必要がある。

安倍首相は保守派の応援があってリベンジできたわけである。
彼自身もその立場をわきまえて、謙虚に国民の意見を聞いてきた。
が、最近は変な自信がついたのか、思い上がりが目立つ。

国民が求めているのは安倍政権ではなく、民意を反映してくれる政権である。
そのことを重々忘れないで欲しい。

日本の政治家、官僚、マスコミに信念などない。
隙あらば、楽な方へ、自分が得する方へ、そして長いものへ巻かれようとする。
彼らが勝手なことをしないように国民はしっかりと監視し、叱咤激励する必要がある。


【追記】
 安倍首相は参院選の公約に「憲法改正」を挙げた。
 この公約を日韓合意で裏切った保守派に対する懐柔という人もいる。
 別に懐柔であっても構わない。
 国民が納得する政策をしてくれればそれでいい(改憲が多数派かどうかは疑問だが)。
 政治家、官僚には「国民を裏切ったら怖い」ことを肝に銘じさせる必要がある。

posted by なすび at 22:52| Comment(6) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
貰うのは悪いが、嵌めたやつも何とかさんとアカンと思います。姑息な方が嫌いです、いい事悪い事いろいろな対応を政権はしていますがトータルでいい方向にしてくれたらと願います。しょうもない野党連中が政治のレベルを下げていると思いますから全体の底上げしてほしい。
Posted by たんちん at 2016年01月29日 05:12
甘利はハメられたと言ってましたが、何の見返りもなしに業者が政治献金など
するわけありません(笑)
当然初めから成果を上げなければバラすつもりだったはずです。
ホントこいつは悪しき妥協大臣でしたね。
しかし献金したカネの中の300万は秘書が個人的に使ったとか?
まぁこの程度の人物にこの程度の秘書と言う事でしょうか。
安倍政権もそろそろ綻び始めました
消費税増税、株価の下落、実質賃金の低下、長引くデフレ
ここら辺で危機感を持たないと今度の選挙は厳しくなるでしょう。

Posted by バッタモン at 2016年01月29日 10:58
たんちんさん

対抗できる野党がないと与党が慢心して駄目になる。
が、与党以上に野党が腐っている。
現在はそんな状況ですね。
何かいい方法はないものでしょうか(苦笑)。
Posted by なすび at 2016年01月29日 12:17
バッタモンさん

政治家、官僚、マスコミは「妥協」だらけですね。
それが楽で、儲かるからでしょう。
会社なんかもそんなものですから、日本全体の病理かもしれません。

政権の要諦はやはり経済なんでしょうね。
クリントンのようにスキャンダルがあっても経済がよければクビにはならない。
政治が経済にどれほど影響を与えられるか分かりませんが、財務省の身勝手は抑えて欲しいと思います。
Posted by なすび at 2016年01月29日 12:26
甘利氏をさっさと辞任させたのは政権には良かったようですね。
なかなか辞任しないところを攻撃材料に使う、というのが野党の目論みだったみたいですから。
にしても足引っ張るくらいしか関心の無い野党はどうしようもありませんね。
Posted by 招き猫の右手 at 2016年02月01日 20:09
招き猫の右手さん

日本には対立構造がないから、本質的には野党は不要です。
唯一の存在意義は「与党の腐敗を防止する」ことだから、「足引っ張る」のが最も大切な仕事かもしれません(笑)。
Posted by なすび at 2016年02月01日 21:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: