2016年01月13日

ヨーロッパも壊れてしまった

移民が引き起こしたケルン事件とロザラム事件 欧州で起きている現実

ヨーロッパで恐ろしい事件が起きている。
移民による集団女子暴行事件だ。

犯人の移民が恐ろしいのは当然だが、もっと恐ろしいのは政府、警察、マスコミがこの事実を隠蔽しようとしていることだ。
国民を騙して移民推進をしてきた手前、移民の犯罪がバレてはマズいのだろうか。
人道主義に凝り固まって、自国民の被害など全く気にならなくなっているのだろうか。
(日本にも同じような構図がありますな。)

自国民の人道より外国人の人道の方が大切になれば、その国はお仕舞である。
「完全に狂っている」と言わざるを得ない。

ドイツやイギリスでは事件の報道規制はまだ続いているようである。
ヨーロッパも壊れてしまったということだろう。


【追記】
 スイスやフィンランドでも同様の事件が起きているようだ。
 日本をヨーロッパのようにしてはいけない。

posted by なすび at 21:45| Comment(4) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヨーロッパを見てまわった三橋貴明が話していたけど、
移民若者の多くが言葉も話せず職にもつけず
昼間っから集団で繁華街にたむろしているそうです。
彼らは出身国同士で固まって住んでおり
その地域で火事が起きると消防車は警察の護衛付きで
ないと消化活動ができないと言ってました。
女性に対しての集団暴行は
youtubeの動画で見られます、結構エグイです。
Posted by バッタモン at 2016年01月14日 07:52
バッタモンさん

よく情報収集されていますね。
ヨーロッパが沈む分には自業自得感がありますが、日本まで追随するのは問題です。
日本は上層(政治家・官僚・マスコミ)が腐っていますから。

日本でもほとんどマスコミ報道はされていませんし、外務省の渡航情報にも載っていません。
彼らはアテにできませんから、ネットで情報収集して自衛するしかないです。
Posted by なすび at 2016年01月14日 11:54
欧州はナチのトラウマがまだまだ強いんでしょうね。
排外主義はそれにつながりやすいイメージなので、何がどうあってっもダメ、異論も許さない、ということなのでしょう。
ある意味思考停止なのですが。。。
Posted by 招き猫の右手 at 2016年01月17日 00:35
招き猫の右手さん

「外人に甘い」「左翼がはびこっている」は日本に似てると思いました。
彼らの場合は「自分がしたことへの罪悪感」でしょうが、日本の場合は「戦勝国に押し付けられた罪悪感」です。
いずれにしても、70年前の傷はまだ癒えていないということでしょう。
Posted by なすび at 2016年01月17日 01:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: