2015年12月30日

信念なき決断

今回の慰安婦問題合意に関しては、様々な人が「背景を憶測」している。
安倍首相がまったく国民に説明しないのだから憶測しかできないのは当然である。
しかし、国民の多く関心を持っている慰安婦問題に関して、首相が会見どころか言葉も述べないのは異常である。

年末の仕事納めの日に開催したのも、韓国で行ったのも、外相が対応したのも、安倍首相が会見を避けるためだったように思える。
休暇で時間を置き、年越しすれば、国民の感情も和らぐだろう。
裏を返せば、この会合の日程が決まった時点で「妥協」も決まっていたといえる。
年内にこだわったのは、むしろ日本サイドだろう。

「韓国が嫌い、慰安婦で妥協の必要はなし」という国民は半数を超えている。
だから、今回の譲歩は国民の怒りを買うこと必至である。
それが分かっているから、綿密に計算して、首相が矢面に立つのを避けたと思える。

メディア対策もできている。
今回の合意を非難するメディアも、会見を求めるメディアもない。
念の入った話だ。

そこまで配慮して国民を抑え込んで、政権はいったい何がしたいのだろう。

信念のある決断であれば、こんな真似はしないだろう。
首相自らが会談に臨み、自らの言葉で国民に訴えるはずだ(安保の時のように)。
きっと国民に堂々と言えないような背景があると思われる。

首相の評価は当然として、自民党の支持も下がるのは理解してのことだから、はした金やはした利権が目的ではあるまい。
もっと大きな力が働いていると考えるのが自然だろう。

いずれにしても、安倍首相が以前のような求心力を持つことはないだろう。
それは国民にとっても、日本の政治にとっても、彼自身にとっても不幸なことだ。

早々に会見でつまびらかにして欲しいが、年明けに当り障りのないことを言って済ますのだろう。

posted by なすび at 13:11| Comment(4) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
謎の急展開、急決着でしたよね。
10億は考えてみれば少額ですが、これで終わりともおもえず、また何年おきに蒸し返されるのかと思うとイヤになります。
どれだけ最終決着の形を作ったかが問題になりますね。
ていうかある意味この問題を一番最終決着してほしくないのはあちら側でしょうからw
Posted by 招き猫の右手 at 2015年12月31日 16:48
招き猫の右手さん

この件は、欧米によるジャパンパッシングの一環だと思っています。
強制連行がなかったことをアメリカはよく知っていますから。
韓国なんて戦勝国の使い走りに過ぎません。

私は韓国よりむしろ欧米の横暴を心配しています。
安倍政権は頼りにならないことがはっきりしました。
Posted by なすび at 2015年12月31日 17:28
あけましておめでとうございます

政治や経済、私は何事においても柔軟性が大事だと思っています。
柔軟性を持ち引くところは引き押すところは押す。
いつも思っているのは個人個人では世の中の大きな流れに逆らう事はできない、
それでも世の中の波に乗ることはできる。

今年もよろしくお願いいたします。


Posted by バッタモン at 2016年01月02日 16:14
バッタモンさん

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いします。

日韓合意については首相自らきちんと国民に説明する必要があると思っています。
(不思議なことに、メディアも、個人ブロガーでさえも説明を求める人がほとんどいない。)

私は重要な決定をなし崩し的に認めてしまっては駄目だと思っています。
まるで「サラリーマン社会」のようではないですか(笑)。

政治的妥協以外の何物でもないのは明白であり、表立って言えないことはあると思います。
しかし、それを言外に匂わせ、苦渋を国民と共有することがトップには求められると考えます。
それから逃げるようではいけませんね。
Posted by なすび at 2016年01月02日 16:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: