2015年12月27日

それだけのこと

群馬県に大泉という町がある。
人口は4万人、なんとその16%が外国人だ。

ブラジル人が多いらしい。
顔つきは日本人と違うから、16%もいたら町中「外人だらけ」という印象だろう。

出稼ぎ南米人など危険な感じがする。
実際に犯罪発生率は群馬県で1位のようだ。
私が住民なら、すぐ他所に移住する。

外国人の生活保護受給率も受給者の30%と、人口比の倍である。
外国人が財政、犯罪の両方で大泉町を圧迫している。

憲法では外国人の生活保護は認めていない。
が、自治体が裁量で受給することは許している。
裏を返せば「大泉町としては町民の負担が大きくなり過ぎるので、外国人には生活保護を出しません」という判断をしてもいいことになる。

なぜしないのだろう・・・不思議だ。

そうすれば貧乏外人は他所の町に出ていくだろう。
犯罪を犯すのは貧乏外人が多いだろうから、金も浮き、犯罪も減り、一挙両得である。

当然、他所の市町村も同じようにするだろう。
結果として、日本から不良外人がいなくなるということになる。
誠に結構である。

町長もいろいろ対応に苦慮しているようだ。
町民も嫌な思いをしているだろう。

悩んでいてもしかたがない。
私のように逃げ出すのが嫌であれば、町長および町民は行動を起こすべきだろう。

外国人の生活保護を止める・・・それだけのことである。

posted by なすび at 12:20| Comment(4) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
当たり前のことなのに、おかしな世の中です。

自分の金じゃないから、そんな事ができるのでしょうね。いつまで続ける事ができるのかなあ。
Posted by たんちん at 2015年12月27日 21:09
たんちんさん

自分の金ではできませんね。
福祉というのは余裕がある人が寄付する行為なんでしょうが、その範囲・金額にも限度はあります。

私は嫌なのに無理することはないと思います。
自分が納得できないことを自治体がするのであれば、反対を表明すればいいと思います。
そういう人が多数派であれば、自治体には変える義務があると思います。
Posted by なすび at 2015年12月27日 22:51
自動車メーカーや家電メーカーが人手不足のときに困って法改正もあって南米から労働者を大量に呼んできたみたいですね。
こちらの都合で呼んだようなもんだから、今更出ていてとも言えないんでしょうね。

自分の住んでいるエリアの治安が数年で突然悪くなることも想定するとやはり賃貸はいいな、と思います、引っ越せばいいだけですからね。
Posted by 招き猫の右手 at 2015年12月28日 19:37
招き猫の右手さん

企業の都合で呼んだのなら、その企業が責任と取るべきですよね。
それを町民に押し付けられても困るでしょう。
もっとも企業の業績がいい時は町も応援したような推察もされますが・・・。

私は実家住いになりますが、環境が悪くなれば出て行く覚悟はあります。
自分で買った家ならそこまでは思い切れないでしょう(笑)。
Posted by なすび at 2015年12月28日 20:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: