2015年12月25日

「解決済み」のはずだが

岸田外相が年末に韓国を訪問するそうだ。
安倍首相の肝いりで、慰安婦問題解決の交渉をするらしい。

おかしいな。
慰安婦問題は日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決済み」ではなかったのか?

日本として解決済みのスタンスなら、なぜ韓国まで行って交渉する必要があるのだろう。
相手が訪ねて来たら、一応話を聞いて、「解決済みです」と回答すればいいだけである。

日本政府は韓国がゴールポストを動かすと言っているが、動かされたポストに向かってボールを蹴っては駄目だろう。
それ自体が相手のゲームにのったことになる。
日本は何もする必要はないのである。

政府内でどのようなパワーゲームが行われているかは分からない。
アメリカからの圧力があるのかもしれない。
安倍首相も諸勢力に抗しがたく、しかたなくやろうとしているのかもしれない。
意外や意外、自らの意志かもしれない。
結果も日本にとって有利になるかもしれない。
まったくわからない。

しかし、国の外交施策としては罰点であることは違いない。
「解決済み」と言いながら、「解決済みでない」ことを自らの行動で示しているからである。

posted by なすび at 18:44| Comment(4) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そのとおりです。
こんな外交は認められませんね。
日本は過去の条約を反故にされて怒り狂わないといけません。
Posted by TTDC at 2015年12月26日 01:03
TTDCさん

政府は情報を小出しにして、国民の反応を窺っている節がありますね。
反対が弱ければ、妥協しちゃえという感じかもしれません。
安倍政権もそろそろ賞味期限切れかな。
Posted by なすび at 2015年12月26日 08:55
いやー、やっちゃったようですね。
今回10億円くらいと言われていますが、そんなんで済むのかな。
これからまたこの件をきっかけにタカリがエスカレートしていくんでしょうね。
あの国は数年もしたら国内政治の行き詰まりで反日やるに決まっていますからね。
アメリカには逆らえなかったっていうことなのかな。
Posted by 招き猫の右手 at 2015年12月28日 19:40
招き猫の右手さん

ー>いやー、やっちゃったようですね
河野談話は「強制性」は認めていませんが、「軍の関与」は認めています。
安倍政権は河野談話を継承していることになっているので「軍の関与」はセーフなのでしょう。
(普通の日本人には嫌な言葉ですけどね。)

ー>アメリカには逆らえなかったっていうことなのかな
そうなんでしょう。
安倍政権は韓国に気を遣う必要もないでしょうから、アメリカの顔を立て、10億で当面の安寧を買ったということでしょう。
Posted by なすび at 2015年12月28日 20:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: