2015年09月30日

子供がいないということ

子供がいないのは一般的には残念なことだが、その人が属する組織にとってはプラスであることが多い。
仕事人生の後半に地位や金に執着することが少なく、仕事のための仕事をしてもらえるからだ。

彼には金を残すべき対象がいないし、父親の出世を共有する対象もいない。
純粋に会社のため、自分の美意識のために仕事をするケースが多いだろう。
だから、醜い社内政治や出世競争から一線を引くのである。
それは組織を健全に保つには大変よいことである。

汚職天国の中国でも子供がいない官僚は汚職をしないという。
まったくしないわけではないだろうが、自分と親や妻が贅沢できる程度で止めてしまうのだろう。
リスクを冒して汚職をしても、残すべき対象がないのだから、どこかで歯止めが利く。
兄弟やその子供のために無理をする人は少ない。

日本では安倍総理は子供がいない。
夫婦とも生まれながらの資産家だから、子供を産まないと決めた時点で、出世のための出世は念頭から外れているだろう。
彼が今、日本の総理という面倒な重労働をしているのは、政治家として何かを残したいという個人の美意識だろう。
一回目に失敗したから、リベンジで名誉挽回したいという気持ちだけかもしれない。
安倍政権の施策に問題がないわけではないが、「利権の遺産」を子に残す気がないから、比較的クリーンであることには確かだと思う。

私自身30後半で「結婚は無理」という感じがしたから、それ以降、子供を持つことは基本考えなかった。
だから、仕事は自分の美意識、やりがい、納得が主軸になった。
それで、ある程度収入が得られたら「よし」と考えていた。
上に上げてもらいたくて上司に媚びたこともほとんどない。
結果、大して出世もしなかったが、害をなすことも少なかったと思っている。

子供がいないということは当人は残念な気もするだろうが、組織のトップになる人には「いないほうがよい」と思う。
子供に後を継がせたくて晩節を汚す政治家、経営者は本当に多いからである。

posted by なすび at 17:22| Comment(12) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
子供がいると残すより金がかかるので、出世、金が欲しくなります。私が若い自分から節約に目覚めていたら、金も少なく済み、かなり違った人生になっていたと思います。友人がたくさんいて健康な体で、家族の時間も多かっただろうなあ。実際は真逆でしたが、

Posted by たんちん at 2015年09月30日 20:42
面白い観点ですね。
でも、確かにそうなのかもしれません。
子供どころか奥さんもいない私からすれば、よくわからないことでもあるのですが^^
Posted by 煙々 at 2015年09月30日 20:58
たんちんさん

−>子供がいると残すより金がかかるので、出世、金が欲しくなります
会社でも子供がいる人はハングリーです。
会社でハングリーとは仕事熱心ではなく、媚熱心を意味します。
それが出世の近道ですから。

−>私が若い自分から節約に目覚めていたら・・・
なかなか思うようにはいかないですよね(笑)。
私の場合はリタイアが早まるだけのような気がします。
Posted by なすび at 2015年09月30日 21:08
煙々さん

−>子供どころか奥さんもいない私からすれば、よくわからないことでもあるのですが
社内を見渡すと、妻子がいると頑張りますね。
そう簡単には投げられませんから。
もちろん適切な能力があればいいのですが、そうでない人の頑張りは・・・やはり人間関係に向いますね。
Posted by なすび at 2015年09月30日 21:12
人生の疑問が1つ解決しました。

女房子供のいない自分からすると、一直線に仕事の最適化
を進めることが最善だと考えていました。 
しかし、仕事内容は適当なのに、上司へのアピールや社内
政治になぜか血眼になる人の思考回路が不可思議でしたが、
なるほどと思えました。


Posted by sanou at 2015年09月30日 21:52
結婚願望も無かったので、上司にこびることはなかったですね。
子どもも結局できなかったので、もうリタイアすることにしました。
どっちが良かったのかは何十年後に分かるかな。
Posted by 招き猫の右手 at 2015年09月30日 23:21
sanouさん

−>一直線に仕事の最適化を進めることが最善
こういう考え方は好きですね。
仕事はそうあるべきだと思います。

しかし、仕事と出世は別ですよね。
出世するといいこともありますが、嫌なこともあります。
家族があると無理をしようと思いますが、独り者だとほどほどで「や〜めた」という気になりがちです。
Posted by なすび at 2015年09月30日 23:24
招き猫の右手さん

結婚すると収入(出世)は意識すると思います。
私は「媚びるのが嫌」という気持ちがあって、それも結婚しなかった一因かと思っています。

−>どっちが良かったのかは何十年後に分かるかな
何十年後には、もう考えるのも面倒になっているでしょう(笑)。
Posted by なすび at 2015年09月30日 23:30
結婚する、子供を持つと言うのは男にとって責任感とプレッシャーが掛ってきますね。
しかし、適齢期に結婚をしないのも又プレッシャー。
私が若い頃には男は家庭を持って一人前と言われてましたから、父も私が結婚しないことを親せきや姉にこぼしていました。
どちらが良いのか賛否両論ありますが、経済的な面だけから見れば現在は
明らかに結婚しない、子供を持たない方です。
母や今年88歳になりますが、いまだに子や孫、ひ孫まで小遣いをやってます(本当は通帳からとられる)。
向こうから金銭的に何かくることはないですね。
そしてカネを持ってない高齢者は逆に養ってくれるのか?
生活保護があるから近づかない。子供や孫は相手にしないでしょ。
周りの親せきもおおむね似たようなもんです。

零細企業を渡り歩いて働いていた時は、社長のバカ息子が大抵専務か部長。
随分いじめられました…

Posted by バッタモン at 2015年10月01日 08:03
バッタモンさん

−>いまだに子や孫、ひ孫まで小遣いをやってます(本当は通帳からとられる)
酷い話ですね(笑)。
額にもよりますが、私ならお断りします。

母はいろいろ付き合いをしているようですが、年金が潤沢で、適度にばら撒いているので人が寄ってくるという感じはしています。
子供、親戚、友人といえどもキャッシュなものです。
歳を取ると、こういうことが分かってくるので、切ないような、興味深いような気分です。

女性はいくつになっても人間関係を求めるので、金がないとやはり辛いです。
金と付き合いは切り離せません。
男のように「金がないと続かない友情など真の友情ではない」と割り切って、孤独に暮すことは難しいのでしょう。
Posted by なすび at 2015年10月01日 20:32
子供がいると、むしろ汚職のようなことは
絶対に出来ないという感覚が強かったので意外でした

出世に関しても子供がいるから
出世を目指すというのも、結構 意外です
まあ、住宅を買って多額のローンを抱えると
そうなるのかもしれないですけどね

うちの会社はなぜか子供のいない社員の方が
出世意欲が強いように感じますし、実際に出世していますね
Posted by 消費しないピノキオ at 2015年10月04日 13:23
消費しないピノキオさん

−>むしろ汚職のようなことは絶対に出来ない
中国の役人と日本のサラリーマンは違います。
彼らはみな裏金を掴みたくて役人を目指します。
ここ数年は汚職にうるさくなったので、エリートには人気がなくなっているようです。
だから汚職自体に罪の意識は薄いでしょう。

−>子供がいるから出世を目指すというのも、結構 意外です
意外ですか?
独身者より金がいるでしょう。
また、子供に世間的な意味でエライと思ってもらいたいでしょう。
手っ取り早いのは会社での出世です(笑)。

いずれにしても、独身者は背負うものがないので諦めがいいです。
Posted by なすび at 2015年10月05日 15:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: