2015年09月27日

世界株式会社

世界をひとつの会社としてみるならば、社長はアメリカということになる。
G7プラス中露が役員クラスだろう。

アメリカは最盛期は過ぎたとはいえ、金や腕力、狡賢さはナンバーワンである。
だから、他のどの国も露骨にアメリカに逆らうことはしない。
ときに付き合いを断ったり、裏で陰口を言うのがせいぜいである。

日本は金はあるが、腕力はアメリカに頼っている。
狡賢さとは無縁だから、まったくアメリカに対抗することはできない。
下手に反抗パフォーマンスをするより、上司に従いまくったほうがいい・・・というタイプのサラリーマンだ。

ドイツも日本に近いが、西欧系だからほどほどには狡い。
また、西欧系の役員仲間と釣るんで、アメリカとのバランスを取ろうとしている。

イギリス、フランスもドイツ同様西欧グループの役員だが、国が古いだけあって、狡さは上だ。
経済の弱さを狡さで補っているのだろう。

ロシアが唯一アメリカに対抗しているように見えるが、これはアメリカに匹敵するだけの腕力を持っているからである。
具体的には核兵器の数だ。
一方で、アメリカからは経済面の弱さを突かれている。
資源産業しかないロシアはエネルギー安に誘導されると相当キツイ。
技術国に生まれ変わろうと日本に助けを求めている状況だろう。

中国は金、腕力、狡賢さをそこそこ持っているが、どれをとってもアメリカに対抗できるレベルではない。
だから、反米はポーズだけで、裏ではよしみを通じているのである。
中国の最大の武器は難民爆弾かもしれない。
「共産党を潰せば大量の難民が先進国に押し寄せますよ」と脅す自爆ビジネスだ。

こうみると世界株式会社の役員といえども、そう楽しい日々を送っているわけではない。
常に社長の顔色を伺い、少しでも自分の力を伸ばそうとする。
一方、社長は社長で役員の監視を怠らない。
そうやって会社のバランスが保たれている。

一個人なら金を貯めてさっさとリタイアし、どこかの桃源郷で自由に暮したいと思う人もいるだろう。
しかし、残念ながら国には世界より他に居場所はない。
永久に世界株式会社で切磋琢磨しなければならないのだ。

posted by なすび at 14:31| Comment(6) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その世界株式会社ですが、リーマンショックから7年。わりと順調に来ましたが
今年に入りどうやら転換期を迎えたように見えます。
中国初の世界同時株安はわかりやすい事例ですが、いま全世界でデフレ化現象が進行中。
社長であるアメリカは今までゼロ金利とQE1〜3で何とか金融市場を活性化し株高にして世界経済を引っ張ってきましたが、その実態はCEOによる自社株買い。
市場に流れる株価の量を減らし、一株当たりの収益を増やしているだけ。
企業全体の収益が増えたように見えて株価は上がるが
設備投資や従業員の人件費は増やしてない。男性労働者の実質賃金なんかは35年前よりも平均で下がっています。ニューヨークダウは18倍になったけど…
実態はインチキ経営なんですね。
今年になってその実態が見えてくるのではないでしょうか?
アメリカの消費が上向かない、投機目的の不動産ばかりが上がる。
原油価格の下落、いつまでもゼロ金利がやめられない等々。
私は来年にかけて世界経済は下降するとみています。

Posted by バッタモン at 2015年09月28日 08:24
バッタモンさん

−>その実態はCEOによる自社株買い・・・実態はインチキ経営なんですね
そうなんですか。
アメリカ経済はよいといわれていますが、実はイマイチなんですね。

確かに世界中パッとしませんね。
みんな物を買わないからでしょうが、無理に買えといわれても正直困ります。
私など必要なものが少ないですから。

最近、食べ物は多少贅沢をするようにしています。
電気代も惜しみません。
車も価格より好みで選ぶつもりです。
それでもやはり限界がありますね。
無駄遣いをする気にはなれませんから。

散財するには海外旅行が手っ取り早いですが・・・興味があって、安心して行ける場所は限られています。
Posted by なすび at 2015年09月28日 14:19
その会社の中でK国を位置づけるとしたら、日本の出世をひたすら妬んで社長や役員に告げ口しまくっている平社員でしょうねw
でも役員連中からは僻んでいるだけと見透かされて相手にされて無いという、
そして自分も日本君くらいに出世はしたいから行動はひたすらマネをしているという。

ギリシャは仕事しないで遊んでサラ金に借金して、でもクビにも出来ないから会社が肩代わりしてあげる問題社員かな。

日本は国自体がもう定年間近で大してやる気が無いみたいな感じかなあ。
Posted by 招き猫の右手 at 2015年09月28日 23:34
招き猫の右手さん

国を社員にたとえると面白いですよね。
韓国もギリシャも問題社員です。
会社としては辞めてもらいたい感じの人ですね(笑)。

私がこのエントリを書いたのは、自分は会社員で人間関係のバランスの中で立ち回っているくせに、国には理想ばかりを求める人が目に付くからです。
国も個人同様、世界というパワーバランスの中で生きています。
強いものには気を遣い、弱いものには言い分を通すのは自然な気がします。
Posted by なすび at 2015年09月29日 00:35
左翼に見せてあげたい、見ても文句しか言わないけど。

100年後のバランスはどうなっているんでしょうね。日本は嘱託社員か
Posted by たんちん at 2015年09月29日 12:20
たんちんさん

−>見ても文句しか言わないけど
そうでしょう(笑)。
人のスタンスはそう簡単に変わるものではないですね。
ただ日本のサヨクは庶民派の皮を被った親中韓で、本音は親中韓です。
そのことに気づいていない人は多い。

−>日本は嘱託社員か
私はそこそこやっている気がしますね。
海外出張で外国人の仕事振りを多少見てきましたが、日本人が一番真面目で誠実です。
Posted by なすび at 2015年09月29日 13:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: