2015年08月25日

世界陸上を観ている

世界陸上が行われている。
走る、跳ぶ、投げるに特化した競技大会だ。

道具を使う「投げる」は白人も健闘しているが、身体能力がストレートに出る「走る、跳ぶ」はやはり黒人が強い。
黒人が基本的な運動能力に優れていることは間違いない。

現存する人類の祖先はアフリカ出身である。
DNAの調査結果からも明らかなことだ。

人類はアフリカを出て、中東、そこからヨーロッパ、アジアに枝分かれした。
アジア系はベーリング海峡を渡り北米に行き、最後は南米に到る。

生まれ故郷を出て未開の地に行くということは・・・もちろん邪魔にされ、追い出されたのである。
生まれ育った場所で喰えるなら、わざわざ人のいない地に行くはずがない。
人が増え、その地に十分な食料がなくなったのだろう、弱い人間が強い人間によって押し出された。

その強いものの子孫が黒人であり、弱いものの子孫が白人、黄色人種である。
身体能力が勝敗を決めていた時代の話だ。
しかし、今や黒人はスポーツで気を吐くだけである。

現代は強欲で、残酷な白人の天下だが、いずれ異なる概念が世界を支配するかもしれない。
そうなれば、黄色人種や再び黒人の天下になるかもしれない。

そんなことを思いながら世界陸上を観ている。

posted by なすび at 22:37| Comment(4) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本でも黒人とのハーフの少年が陸上や高校野球で
活躍中ですね。
黒人たちが水泳や自転車競技に本気で取り組むようになったら太刀打ち出来ないでしょうね。
サッカーなどは特にそう思います。
Jリーガーなんかは国際舞台で弱いのは単に血のもんだいでしょう。
Posted by バッタモン at 2015年08月26日 14:07
バッタモンさん

ハーフの陸上少年は物怖じしない感じでしたね(次の試合を見ないとはっきり分かりませんが)。
あれは性格(血)でしょうね。

サッカー日本代表には本当にイライラさせられますね。
性格(血)よりも環境(日本的文化)かなという気がしています。
日本の集団は突出を嫌いますから、小さい頃から遠慮癖がついているのかなと。
Posted by なすび at 2015年08月26日 17:00
NFLでも黒人系が8割を占めています、NBAも。
運動神経が違うのか、とも思いますが、でもそのことはタブーです。
TVその他メディアではまずそんなことは触れません。
日本のメディアは黒人と言うと身体能力が違う、と枕詞のように使いますが、あれは一歩間違えるとマズイ発言なんですよね。
差別と言われる可能性があるので。
なのでなすびさんもお気をつけくださいw
Posted by 招き猫の右手 at 2015年08月29日 16:48
招き猫の右手さん

マスメディアでは白人、黒人という言葉は最近使いませんね。
ヨーロッパ系、アフリカ系とでも言うのでしょうか。
私のブログは、個人の、しかもマイナーなメディアなのであまり神経質になる必要はないかなと・・・(笑)。
分かり易い方がいいと思って書いています。

TVで織田裕二が「これだけ白人が勝つのは珍しい大会ですね」などと言っていました。
私も「白人」は言ってもいいんだと少し驚きました。
さすがに「黒人」とは言っていなかったかな。
Posted by なすび at 2015年08月29日 17:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: