2015年03月28日

いい方法はない

サラリーマンに大切な能力とは、「組織の中で浮かない」ことだろう。
皆とそこそこ歩調を合わせ、変わった人、面倒な人と思われないことだ。
会社も日本の組織だから、要は学校、サークル、近所付合いと同じである

これができれば会社が悪くならない限り、追い出されることもないし、中位の昇進は可能だろう。
さらに政治力があったり、事務処理能力が高かったり、運がよければ、出世できることになる。

多少の能力や実績があっても、「組織の中で浮いて」しまえば駄目である。
いつの間にか会社の隅っこに追いやられ、プライドを失う仕事や立場を命じられ、本人自身、もうやってられないという状況に追い込まれる。
早ければ20代、遅くても40代にはこのような状況になる。
こうなれば逆転は難しい。

「組織の中で浮かない」能力に自信がない人、そもそもそんなことは馬鹿らしいと思っている人は、サラリーマン以外の道を目指すべきだ。
しかし、自営をしたとしても、余程の運と才能に恵まれなければサラリーマン以上の収入を得ることは難しい。
成功するまでの労働もハンパなものではない。
なかなか厳しい道である。

最初から下位に甘んじる気であれば公務員がいいかもしれない。
首にならず、仕事が楽で、処遇も悪くないからである。
しかし、こういう職場ほど社交で勝負が決まるから、どんなに他の能力が高くても日の目を見ることはない。

日本の会社の場合、30代前半までは大目に見てくれるから、そこまでは大きな差がつかない。
それまで我慢して勤め、節約し、蓄財に励む。
厳しい状況に追い込まれたら、さっさとリタイアするという方法もある。
しかし、勤務年数が短いだけに貯蓄に限りがある。
節約型のリタイアにならざるを得ないだろう。

あまりいい方法はない。
もし私がやり直すなら、理系の学部を出て、技術者として会社勤めをする。
社交は苦手でも、技術者ならある程度マイペースで仕事ができるだろう。
一流にはなれないが、一流半にはなれる気がする。
そこで中程度のポジションを保ちながら、引っ張れるだけ引っ張る。
劣遇に嫌気が差したら辞め時である。
上場企業で、50歳近くまでやれたら・・・後は何とかなるだろう。

posted by なすび at 17:26| Comment(6) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもながら話題が鋭くて面白いですね。

私の場合は10年間某大企業に勤務した後、家業に従事する為、地方(西日本の海沿い)に戻りました。同じく辞める時に同期で中小企業の御曹司と話した事を今でもハッキリと覚えています。「サラリーマンも10年やると出世するのはどういうタイプか何となく解るね。少なくとも俺達のようなタイプではないね。」と言うものでした。やはり一言で言えば日本は「村社会」「蛙の子は蛙」と言うような事でしょうか。

ほぼリタイアが見えてきた今思うのは、一長一短でそれなりに良いところが有るって事ですね。
でも今の時代性を考えて、もしやり直すなら公務員か医者なんかが良いですかね。

Posted by でらお at 2015年03月29日 09:12
でらおさん

−>いつもながら話題が鋭くて面白いですね
有難うございます。
励みになります。

−>ほぼリタイアが見えてきた今思うのは、一長一短でそれなりに良いところが有るって事ですね
そうですね。
社交が得意な方はサラリーマン向きです。
こういう方はリスクを取って自営する必要はありません。

また会社の中でも社風があって、向き不向きがあります。
私の会社は管理型なので、職人気質の自分には不向きでした。
今は事前にかなり会社の情報がつかめます。
今なら決して入らないでしょう。

−>もしやり直すなら公務員か医者
いい線ですね(笑)。
医者は学力が必要ですが、公務員はそこまで求められません。
大学時代に多少勉強すれば可能でしょう。
公務員でも理系採用がいいと思います。
Posted by なすび at 2015年03月29日 10:10
公務員がいいのかなとおもいます、高卒枠なら入りやすいし。自営にも興味がありますが...成功率が低すぎです。
Posted by たんちん at 2015年03月29日 15:26
たんちんさん

コメント被っていたので後を取らせて頂きました。

学歴を考えると公務員が幅広く、使い勝手がいいですね。
ただ考えることは皆同じで、結構狭き門のようです。

私は自営を最初から考えませんでしたし、今も考えられません。
上手く行く気がまったくしなかったという単純かつ重厚な理由です(笑)。
Posted by なすび at 2015年03月29日 15:58
組織の中で浮かず、ほどほどにやりすごし、気がついたらリタイア資金がたまっていた、というくらいがいいですね。
出世など目指していないならば、ほどほどに浮くのもいいかなと思います。
アイツにはこの程度の仕事だけやってもらっとけばいい、と回りに思わせれば逆にサラリーマン生活がラクになる可能性もありますから。
もちろんそういう生き方ではリストラ対象などになる可能性もあるので、早い段階からしっかりした節約投資を続けて資産形成することが重要でしょうね。
Posted by 招き猫の右手 at 2015年03月29日 17:00
招き猫の右手さん

−>出世など目指していないならば、ほどほどに浮くのもいいかなと思います
この辺りは微妙ですね。
私も入社時は、軽くやり過ごしたいという思いがありました。
しかし、同期に遅れを取るのは嫌でした。
やはり評価が低いと社内ではプライドを傷つけられることが多いです。

後輩や若い女性にも軽んじられます。
ある程度の年齢になると、金銭にもそれなりの影響が出てきます。
実際に能力が低ければ諦めもつきますが、それなりに自信があれば悔しくもあります。

私は出世したいとは思いませんでしたが、軽んじられることは屈辱でした。
会社は社員をコントロールしたいので、競争させるような仕組みを持っています。
分かっていても、それを平然とやり過ごすことは難しいでしょう。
逆にそれができる人は只者ではないと思います。
Posted by なすび at 2015年03月29日 20:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: