2014年06月07日

ここ20年、会社で起きた変化

ここ20年、会社で起きた変化を列挙してみる。

@グローバル化
 海外出張が増えた。渡航先は主に中国である。
 北海道や九州に出張する感覚で上海や広州に行く。
 国内の工場が海外に移転しただけだからある意味当然だ。
 飛行機もビジネスからエコノミーに格下げされた。
 また、本社社員に外国人が増えた。
 以前は白人が1〜2名いる位だったが、いまは中国人を中心に10名以上いると思う。
 そのうち3名とは仕事で関わったが、3名とも中国人で、うち2人は日本に帰化していた。

AIT化
 20年前は本社でも1人1台のPCはなかったと思う。
 今は人の数よりPCの方が多いだろう。
 現在はPCに向かっているのが普通に仕事をしている姿である。
 以前はどんな様子だったのか思い出せないほどだ。

B女性の長期就業化
 結婚しても、子供が生まれても、辞めない女子社員が増えた。
 以前は10年勤務は稀だったが、今はほとんど全員である。
 たまに寿退社する社員がいるが、旦那は高給取りなのかと訊ねるほどになってしまった。

C高学歴化
 以前は本社勤務でも男は大卒、女は短卒が普通だった。
 いまは理系は院卒、女も大卒が一般的だ。
 理由はよく分からないが、そうなったのは女性が辞めなくなったタイミングとほぼ時期を同じくしている。

D派遣化
 派遣が増えた。
 特に2000年代の前半は多かった。
 最近は少し下火である。

Eモンスター化
 新入社員を中心にクレーマーが増えてきている。
 会社が大企業化し、体面を気にするようになったこともある。
 管理職は人事からいろいろ注意される。
 馬鹿馬鹿しくて部下を真剣に指導する気にもなれない。

Fシルバー化
 以前は60で辞めていたが、60以降も嘱託で働く人が増えてきた。
 などと思っていたら、今やほぼ全員である。
 60で辞める人がまれにはいるが、辞めて何をするのですかと訊ねるほどになってしまった。

G離婚化・独身化
 私の勤める会社は保守的な人が多く、ある程度の年齢で独身は珍しかった。
 また、離婚したら密かに噂になるほど離婚する人は少なかった。
 いまや、どちらも普通になってしまった。
 かく言う私自身が高齢独身者である。

改めて眺めてみると、私の会社で起こった変化は一般社会で起こっている変化と同じである。
珍しくも何ともないことを確認しただけだ。


posted by なすび at 07:28| Comment(4) | 会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
でも、なすびさんは大きな会社にお勤め何ですね。

私は高校を卒業し、いろんな仕事を渡り歩いて最終的に行くところが亡くなり
最後は自分で何とか生業を見つけるしかなかった。
まぁ、何とか成功し早期リタイヤ出来たのですが

中小企業はバブル崩壊以降は段々と苦しくなるばかりでした。

Posted by バッタモン at 2014年06月07日 15:49
適切な言葉が浮かびませんでしたが
コンプライアンスなどの仕事を遂行するための仕事が増えたように思います
決まりごとが多くなったというか
フローが複雑になったというか
なんとなく理解していただけますか

つまり利益を上げるための段取りが増えた感じ
これは結構デカイと思っているんですよね
それだけ雑務が増えたってことです
Posted by 消費しないピノキオ at 2014年06月07日 15:59
バッタモンさん

規模は大手ですが、処遇は中堅企業並という堅実な会社です(笑)。
ただ、基本的には知名度も売上も右肩上がりなので給与が下がったことはありません。
合わない会社でしたが、その点はラッキーでした。
中小企業の辛さは正直分かっていないような気がします。
Posted by なすび at 2014年06月07日 16:29
消費しないピノキオさん

たぶんおっしゃりたいことは分かると思います。
弊社でもISO、404条、環境の対応を行なっています。
それに対する手間やコストは膨大ですが、内容には疑問を感じることも多いです。

日本や会社に求められる要求が上がったのでしょう。
日本も日本の会社も「世界の高い位置」に来てしまったのでしょうか。

日本ブランドとしての体面を保つ費用は馬鹿になりません。
とにかく利益に直接繋がらない仕事や部署が増えました。
Posted by なすび at 2014年06月07日 16:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: