2014年02月14日

男女のアンバランス

以前の結婚に関する記事にざいざいさんから興味深いコメントを貰った。

伝統的中国社会や韓国は、父系家庭です。だから、男はみな結婚しなければなりません。それは子どものためです。子どもを生めば、妻との離婚をするひともいます。子どもは、父方に育てられます。生まれた子どもは、父のものであると、社会は認識しています。日本は結婚しない男性が多いです。伝統的中国社会では、結婚しない女性が多いです。これは、全て利益問題が反映しています。(一部抜粋)


ちょうど現代日本と男女が逆転したイメージだ。
一応ネットで調べてみた。
確かに、中国、韓国とも親権は今でも男性側に有利なようだ。

ルールに不利な人間はそのゲームに参加したがらないのは全世界、老若男女問わず共通だ。
中国、韓国の生涯未婚率までは分からなかったが、「伝統的中国社会では、結婚しない女性が多い」も肯ける気がした。

日本のメディアは、女性に経済力が付いたからとか、草食系男子が増えたからとか、相変わらず人畜無害なたわごとを言っている。
現代日本の結婚制度(社会的認識)が女性に有利だから男性が結婚したがらないというストレートな論旨は聞いたことがない。
既婚男性にとっては表ざたにされるには辛すぎる事実であり、言ってはいけないことだと思っているのだろうか。
(私は独身なので勝手なことを言っている。)

消費の主役は女性だ。
マスメディアだけでなくネットメディアの熱心な読者もほぼ女性だ。
メディアも商売なので長いものに巻かれようとしているだけなのだろうか。

私は現代日本に男女のパワーバランスの悪さを感じている。
世に男と女しかいないのだから、結局アンバランスは双方の関係に良いことにはならない。

posted by なすび at 17:26| Comment(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いろいろ思考が深いんですね。
わたしもリタイヤなんです。よろしく。
時間あったら、ブログ見てくださいね
Posted by ざいざい at 2014年02月14日 18:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: