2013年08月24日

結婚の決め手

野村総合研究所は1997年から、生活者1万人アンケート調査を3年ごとに実施しています。

その中で、「2009年に初めておひとりさまについて調査した時に驚いたのが、この男性と女性の経済状況の違いでした。女性のおひとりさまは自由に使えるお金が多くて楽しく消費生活を謳歌している方が多いのに比べ、男性のおひとりさまは世帯を形成できないがゆえのおひとりさまだというのが2009年調査時点での気づきでした」という結果が出ているようです。

統計数字は出ていませんが、独身女性の方が独身男性より収入が多かったのかもしれません。
また、今の生活が楽しい、特に結婚には拘っていないと回答する独身女性も多かったのかもしれません。

私には
 @一般には男性の方が女性より収入が多いが、独身に限っては逆転現象が起きている
 A男性は結婚をしたがっているが、女性が選択しているためなかなか結婚できない
的なニュアンスに受け取れました。

@収入面ではそうかもしれませんね。
女性は結婚相手に経済力を求めますが、男性は若さやルックスを求めます。
相手が求めるものを持っている人の方が結婚する可能性は高いので、独身者は男は貧乏人、女はキレイでない人が多いということになります。
キレイ汚いは収入とは直接関係がありませんから、独身者に限れば女性の方が収入が多いかもしれません。

Aこれはどうでしょうかね。所詮聞き取り調査で、自己申告です。
私の偏見かもしれませんが、女性の方が見栄を張る人が多いと思いますよ。
アンケートがどういう形で行なわれたかは分かりませんが、顔を突き合わせてのヒアリングであれば、その可能性はさらに上がると思います。
男女限らず何気に寂しさを抱えているのが独身というものです(既婚者は何気に煩わしさを抱えていますが)。

私としては、このアンケートから「男は金、女はルックスが結婚の決め手」という平凡な結論しか出ません。
posted by なすび at 09:35| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
独身でも既婚でも、女性の方が可処分所得は多いみたいですね。
Posted by Kotaro at 2013年08月24日 12:49
kotaroさん

コメント有難うございます。

私と同世代の大半は嫁に財布を握られています(それがあたり前の時代でした)。
自分で財布を握っている一部の勇者は結構自由に金を使っているようです。
大半は若い女性に投資しているようですが・・・。
Posted by なすび at 2013年08月24日 14:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: