2021年02月06日

本能寺の変について

なぜ明智光秀が本能寺の変を起こしたか。
諸説あるが、私は一般に流布されている光秀の遺恨による単独犯説を採っている。
それも、長年温めてきた計略ではなく、とっさに思いついた行動であると。

遺恨は中国地方で毛利と対峙していた秀吉のサブに回れと信長から指示されたからである。
かつての後輩であり、下位者であった秀吉の配下に付かされて面白くなかったのだろう。
なんで俺が猿ごときの指示に従わなければならないのか・・・鬱屈したのだろう。
長年一生懸命使えてきたのに、信長はこんな命を下すのか。
信長が憎い。下剋上でもしてやろうかしら。

こんなことを思い始めた矢先に、目の前に大チャンスが転がっていることに気付いた。
信長と後継の信忠はわずかな供回りを連れて京都にいる。
畿内に大きな兵を持っている武将(信長の部下・光秀の同僚)はいない。

「今しかない」と思って後先考えずにやった。
それだけかなw

実際、光秀の謀反には計画性はない。
事前に味方になってくれそうな大名に根回しした形跡もない。
すべて事後である・・・それもほとんど失敗している。
事後の対応はそれなりにやったが(京都・近江は押さえた)、大阪を始め、その他に畿内は押さえられなかった。

主君の寝首をかくような部下に世間の目は厳しい。
信長の家臣団(光秀の同僚)も総がかりで攻めてくる。
これでは勝てるはずもない。
中国大返しした秀吉は機敏だったが、いずれどの武将かに討たれていただろう。

光秀には光慶という実子の男子がいたと言われているが、まったく無名である。
武将として後継できるような人物ではなかったのだろう。
後継のいない初老の武将のヒステリー的行動・・・それが本能寺の変と理解している。

posted by なすび at 21:51| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする