2020年10月11日

年とともに女が嫌いになってきた

年とともに女が嫌いになってきた。
なんと自己中心的で、自己正当化の強い生き物だろうと。
そして、平気で嘘をつく。

私の身近な女もそうだが、道路で車を運転する女にも、スーパーで買い物する女にもそれを感じる。
世の男性の多くは、このような生き物と暮らしているのかと考えると、本当に独身でよかったと思う。

私は若い頃、どちらかと言うと女を尊重していた。
女の勘というものは鋭くて、物事の本質を見抜くのではないかと思い込んでいた。

これも買い被りであることが年とともに分かってきた。
実は自分の間違いを認めず、意地になって信じ続けているだけと思うようになった。

私は40代の後半から性欲が減退した。
だから性欲抜きで女を見ることが多くなった。

結局そういうことだろう。
欲がなければ見誤ることはない。
はやり、欲が人を惑わせる(笑)。

posted by なすび at 20:58| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする