2020年02月28日

自業自得な北海道

安倍政権が小中高の休校を要請したようだが、あまり評価はできないね。
それより前に、「中国・韓国からの入国禁止」や「検査難民をなくす」ほうが大事である。
この二つができなくて支持を落としたから、他の施策でお茶を濁そうとしただけだろう。

見苦しい。
外国、財界、官僚に弱く、無知な国民に強い政権の性格を露呈しただけだ。

さて、気がつけば北海道が大変なことになっている。
道内に武漢肺炎が蔓延している感じだ。

ネットで時事を追っている人は先刻承知だが、北海道は中国人に土地を爆買いされた地域である。
だから、中国人も多い。
マスコミは「さっぽろ雪まつり」をクローズアップしているが、それはこの実態を隠すためである。
中国人が多いのだから、肺炎が蔓延するのは当然だ。

テレビ(北の国から・松山千春・大泉洋)の影響で、北海道には独自の世界観があるようなイメージだが、実際は底が浅い根無し草である。
道民の大半は明治期以降、東北からの移住者の子孫だ。
私は北海道の工場によく出張していたから知っているが、地元の社員の大半が「爺さん、曽爺さんの時代に東北から来た」と言っていた。
(「アイヌ人の知り合いなんていない。友人からも聞いたことがない」とも言っていた。)

移住して新しいから、日本の他地域に比べ土地への執着が薄い。
金を積まれると、相手が敵国人(中国人)だろうと直ぐに売る。
その結果が武漢肺炎の蔓延となったわけだ。

自業自得と言えば、少し可哀相か。
東北では喰えなくて、新天地を求めてきた人たちの子孫だ。
厳しい環境で苦労もしただろう。
とはいえ、中国人を招き入れたのは彼らの責任である。
ツケを払う日が来たということだ。

【追記1】
 道内で66名の感染者がいるようだが、全員日本人とは限らない。
 死亡しないと国籍は発表されないからね。
 大半が中国人だったら・・・馬鹿馬鹿し過ぎる。

【追記2】
 今朝、母が「トイレットペーパーとティッシュがなくなるらしいよ」と言って、近所のスーパーに買い出しに出掛けた。
 テレビで見たのか、友人から聞いたのか・・・。
 母は88歳だが、こういう時は妙に元気そうだ。
 無事買えたのかなあ?

posted by なすび at 19:26| Comment(6) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする