2020年02月17日

自分で情報を集めるしかない

武漢肺炎の日本での感染者数は400人以上だが、この数字はほとんど意味がない。
9割近くがクルーズ船の感染者だからである。

2月16日時点(計414人)の内訳は、
 @クルーズ船・・・355人
 Aチャーター機で武漢から帰国した日本人・・・13人
 B中国からの観光客・・・13人
 C日本国内での2次・3次感染者・・・33人

どこのマスコミも内訳を書いてくれないので、数字は情報の寄せ集めである。
正確ではないかもしれないが、概ねこんな感じだろう。

@Aは意味のない数字である。
クルーズ船も、チャーター機も、感染者がいることは分かった上で引き受けたわけで、隔離もされている。
これを恐れている日本人はいない。

問題はBCである。
Bの人間がCの人間に肺炎を移したことは明白であり、諸悪の根源である。
早急に中国人の入国禁止をすべきだろう。
また、日本に滞在している中国人観光客にも帰って貰うべきだろう。

Cは我々が一番恐れるべき数字であり、実際に多くの日本人が恐れている。
2月13日以前は4人程度しか発覚していなかったが、検査基準を緩めたら、一気に表に出た。
13日以降、日本人にとって武漢肺炎は他人事ではなくなったのである。

マスコミが内訳を報道しないのは、「日本人が正しく恐れるようになる」からである。
中国人入国禁止に向かうことが目に見えており、それを避けているのである。
だから、意味のないクルーズ船のネタばかりを追う。
中国に忖度しているマスコミはまったく当てにはならないから、自分で情報を集めるしかない。

posted by なすび at 09:25| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする