2020年02月13日

クルーズ船の悪評は大歓迎

例のクルーズ船、感染者がまた増えて218人になったようだ。
日本全体が247人だから、感染者の9割近くをクルーズ船一隻で叩き出している。
凄いね(笑)。

ダイヤモンドプリンセス号はイギリス船籍だし、アメリカの旅行会社が運営している。
だから、本来日本が面倒を見るような立場の船ではない。
日本の乗客が一番多かったという理由だけで、日本が引き受けたのだが、ババを引いたね。

アメリカ、イギリスに押し付けられ、そのことを世界はおろか自国民にもアピールできないお馬鹿政府。
大半の日本人は日本の船で、日本が面倒見ることに何の疑問も感じていないと思うよ。
本来であれば怒り心頭の私だが、今回はこの失策を「よし」としている。
日本の評判が多少悪くなった方がいいと思うからである。

まずは、日本に外国人が来過ぎ。
物価も安いし、飯も上手いし、豊かな文化や自然はあるし・・・外国人が来たい理由は分かるけど。
日本の観光地や商店は日本人優先でいきたいね。

それから、日本は外国にいい顔し過ぎ。
外国に甘かったり、自己犠牲して相手を立てたり。
そんなことより、もっと自国民を大事にしろ。
強引に自国の権利を主張しろ。
他の国は皆そうしているぞ。
自分の子供を犠牲にして、他人の子を立てる時代遅れの馬鹿親みたい。

てな、理由でクルーズ船の悪評は大歓迎である。
日本は武漢肺炎が蔓延しているから外人は来ないほうがいいよ。
オリンピックもなくなっていいよ・・・日本は危険だからね。
実情を知っている日本人だけが、ゆっくりと日本を楽しむのである。

posted by なすび at 13:38| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする