2020年02月04日

お金を語る資格はない

リタイア村のブログを読んでいると、みんなが気になるのは「やっぱり、お金」のことなんだろうな。

正直なところ、私にはリタイア村でお金を語る資格はない。
55まで大手企業に勤めていたし、独身だから、それなりに蓄えや年金があって当然である。
実家も相続しているし、そこそこ年金のある母と同居している。
30代、40代でリタイアしたい人に語るべきことは何もないのである。

言えることはひとつくらいで、「リタイアして暇になっても、金の使い方は変わらない」ということくらいか。

リタイア前に金遣いが荒かった人はリタイアしても荒いまま。
逆もしかり。
時間ができたからといって、特に金遣いが変わるわけではない。

私はリタイア前に趣味のお金(暇になったら使うお金)をそれなりに準備した。
しかし、暇になったからと言って、特段趣味は増えない。
金遣いも変わらないから、準備した金はほとんど手つかずである。
単に「老後の安心料」になっているのが現状だ。

posted by なすび at 14:05| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする