2020年01月30日

続・武漢肺炎

武漢から帰ってきた200数十名の日本人の中に3名の感染者がいたようだ。
感染率は1%以上になるが、武漢市内はこんなものではないだろう。

日本からの駐在者は中国では上流階級である。
大手企業からの派遣であれば、家賃数十万という高級マンションに住んでいる。
日本人は衛生観念もしっかりしている。
そういう人たちがこれだけの確率で感染しているのだ。
平均以下の中国人(おそらく市民の7割以上)がどれだけ感染しているか想像がつくだろう。

中国政府が発表している数字は怪しいが、確実に言えるのは「病院に行けない人はカウントに入っていない」ということだ。
おそらく、下層の人は病院に行けず、自宅で静養し、自宅で死んでいる。
これらは感染者数にも死亡者数にも含まれない。

私は武漢閉鎖は最初、習近平の内外に向けたパフォーマンスだと思っていた。
しかし、どうやら違う気がしてきた。
本当にヤバいのだ。

中国には日本のスラムのような場所に住んでいる人が多数いる。
感染が北京や上海に広がればあっという間だ。
中国や日本はどうなるのか・・・ここ数日が見ものである。

posted by なすび at 10:02| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本は自国民を助けない

日本は変な国だ。
命からがら武漢から帰ってきた自国民には厳しい検疫をしながら、中国人はいまだにフリーパスで入国させている。
財界に牛耳られた政府やマスコミがそのことを言わないのは当然として、一般の日本人もそれほど疑問に感じないようである。
不思議だ。

日本は自国民より外国人の方が大切なのか・・・?

私はここ何年も海外に行っていないが、理由の一つは日本国の姿勢である。
海外でトラブったときに日本は自国民を助けない。
一回戦争に負けただけでこんな情けない国に成り下がるとは・・・驚き呆れる。

posted by なすび at 09:21| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする