2020年01月20日

困った人たちの対処方法

世の中、困った人たちが大勢いる。
隣近所に迷惑をかける隣人。
組織の都合で市民や生徒を顧みない役所職員や先生。

こういう人たちを説得し、適正な行動を取らせることは不可能である。
言論による説得では彼らは変わらない。

一番いいのは「脅す」ことである。
とは言っても、暴力で脅すと犯罪になるので、こちらが困ったことになる(笑)。

隣人であれば、周囲が協力して皆で文句を言う。
あるいは、彼の勤め先にクレームの電話を入れる。
些細な違反行為を役所や警察にチクる。

役所職員や先生であれば、「この件を放置して問題が起これば、あなたがマズい立場になる」と言う。
「あなたの責任でこの問題が起きたと皆に言い触らす」と言う。

人は変わらない。
どう説得しても同じである。
一番いいのは「脅す」ことだ。
丁寧な口調で「脅す」。
これが困った人たちの対処方法である。

posted by なすび at 19:59| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする