2019年08月04日

「あいちトリエンナーレ」には驚いた

あいちトリエンナーレ」には驚いた。
愛知県主催・文化庁協賛の税金が投入されたイベントで、慰安婦や昭和天皇を侮辱するような展示がされたのだ。
さすがに、国民から批判が多数寄せられてイベントは即刻中止になった。

個人が自費で「反国家的」な展示をする分にはいいだろう。
大多数の国民が眉を顰めるような内容でも問題ない。
しかし、公的機関が税金を使って展示するのはダメだ。
国や県の役人には、このような常識はなかったのか。

愛知県庁というよりも、文化庁が怪しそうだな。
役人の中には反日的な思想を持った人間が何割かいそうである。
そういう役人が愛知県に反日コメンテーターの津田大介を推薦し、このイベントにもOKを出したのだろう。

しかし、官僚というのは公私の区別がつかない。
個人が私費でやる分には構わないが、組織が組織の金を使ってやるのはアウトという案件はいくらでもある。
一般企業でもあるし、公的機関はなおさらだ。

これは「表現の自由」とは関係のない問題だ。
安倍政権には経緯を調査発表し、責任者を厳重処分して欲しいものだ。

posted by なすび at 08:22| Comment(6) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする