2019年07月20日

京アニ放火事件について

京アニ放火、よく分からない事件だ。

放火を実行した男の単独犯でない臭いはプンプンする。
埼玉に住む貧乏で単純そうな小ヤクザが新幹線代を払って京都まで行くかね。
前泊して場所の下見までしていたようだ。
そして、NHK取材のためセキュリティ解除された当日、NHKクルー到着直前に放火を実行。
出来過ぎている。
いわゆる鉄砲玉にされたっぽい。

放火犯を雇ったのはNHKか、京アニ内部か。
しかし、見え見え過ぎるんだなあ。
警察が気づかぬはずはない。
容疑者も生き残ったし、自白すれば黒幕は一発で分かる。

「分かっても構わん。どうせ俺に手出しはできないだろう」と開き直れるのは北朝鮮関係者くらいだろう。
たしかに、日本政府は半島に弱腰だ。
拉致も知っていて知らんふりをしたしね。

北朝鮮がNHK内部のスパイを使って実行したと考えるしかないか。
理由は、韓国を迂回して戦略物資が手に入らなくなったことに怒ったということになる。
これで日本政府が韓国制裁を緩めたら勝ちである。

しかし、なぜアニメ会社なのか、もっと他に日本人を震え上がらせる場所はあるのではないか。
まだ釈然としていない感じではある。


【追記】
 当初は「NHKの取材のため朝からセキュリティを解除していた」と社長から説明されていた。
 が、後になって「業務時間帯は無施錠でセキュリティシステム自体無かった」と訂正されたようである。
 当初なぜ虚偽の説明がされたのか、果たして訂正後の方が事実なのかは不明である。
 いずれにしても、推理の重要な要件に虚偽があれば、推論自体成り立たないと弁明しておこう。

posted by なすび at 12:40| Comment(4) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする