2019年07月08日

韓国制裁について

日本はアメリカに逆らうことはできないから、今回の韓国制裁もアメリカの承認が取れているはずだ。
あるいは、アメリカが積極的に日本に「やれ」と指示した可能性もある。

日本は無体な親の長男のように「お兄さんなんだから我慢しなさい」と言われ続け、弟である韓国の我儘をきいてきた。
日本がお人よしだからではない。
すべて、アメリカの意向である。

今回の制裁も韓国が再び親米政権になるまで続くだろう。
逆に言えば、それまでしか続かない。
今回の制裁で文在寅政権が倒れたら再び韓国に我慢する日々が始まる。

私は他人に指示されるような生き方はまっぴら御免だが、多くの日本人は平和だし、それでよしと思っているのだろう。
日本がアメリカの社畜なんだから、普通の日本人が企業の社畜になるのは当然のことだ。

posted by なすび at 09:15| Comment(2) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月06日

期待外れの若者

私は60近くのオッサンだが、当然だが若かりし時もあった。
当時は上の年代から「新人類」などと言われたものである。

しかし、気がつけば、普通の30代、40代。
今や上の世代と同じ普通のオッサンである。

だから、私は若者に期待していない。
我々が期待外れの若者だったからである。
というか、どの世代もみな期待外れの若者だった。

今の若者も日本人的気質を残した普通のオッサンになるだろう。
老いも若きも変わらんものだ。

posted by なすび at 10:43| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月05日

投票する先がない

日本の政治を動かしているのは政治家ではなく官僚(財務省)だろう。
政権基盤が強ければ官僚に物申せるが、基盤が弱ければ言いなりである。

増税をしたい政治家はいない。
庶民の支持を失い、選挙に不利だからだ。
しかし、財務省の圧力に屈して増税を決めた。

長期政権の安倍自民が官僚に負けるのだから、官僚に勝てる政党は日本に存在しない。
議員の数や支持率に劣る野党は官僚のイエスマンである。
自民もダメだが、野党はもっとダメ。

参議院選挙・・・投票する先がない。
余程気が乗らないと選挙には行かない気がする。

posted by なすび at 08:30| Comment(6) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする