2019年07月30日

公約実現のためになりふり構わず


立派な党だな。
当選するために「なりふり構わない」党はあっても、当選後に「公約実現のためになりふり構わない」党は初めてかもしれない。
応援したいね。

私は「NHK改革」「マスコミ改革」が進み、N国党が颯爽と解党することを期待している。

posted by なすび at 09:25| Comment(4) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月27日

平和を愛する宇宙人のような車

前回の記事で「スマートなコンパクトカーを作って欲しい」などと書いたが、ネットを見ていると偶然見つけた。
「ホンダe」である。

ダウンロード.jpg

発売は2020年の予定。
コンパクトで可愛いエクステリア。
平和を愛する宇宙人のようだ(笑)。

内装もいい。
オシャレなカフェでパソコンを使っている気分だ。
これはいい。

ダウンロード (1).jpg

images.jpg

どうやら電気自動車のようである。
それはいいのだが、致命的な欠点があった。
1回の充電で200キロしか走れないのだ。

地方には向かないねえ。
私が温泉に行っても往復で50キロは走る。
三日おきに充電しなければならない。
最低でも400キロは走って欲しいものだ。

ホンダさん、もっと距離を延ばしてよう。

posted by なすび at 08:15| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月26日

デミオの買換えについて

車は3年半後(7年車検前)の買換えを予定している。
いまのデミオはそこそこ気に入っているが、買換える理由は以下の通り。

 @私の残り年数が少ない
  いま58歳だから車に乗れるのは、あと20年くらい。
  この車を引っ張り過ぎると、次の車で終わってしまう。
  最低でも、あと2回の買換えはしたい。

 Aパワーに不満
  いまのデミオは1300のノーマルエンジンだからパワーがあるとは言いがたい。
  坂道やエアコン使用時にはパワー不足を感じる。

それでは、どんな車を考えているか。
いまのところ最有力はデミオの後継のマツダ2である。
あまり変わり映えしないなあ(笑)。

20190719-10429471-carview-000-4-view.jpg

私の条件は「コンパクトカー」「国産」「内外装がいい」だが、この条件を満たす車がないのである。
スイフトスポーツも見てきたが、やはり内外装はデミオに大きく劣る。
それに、地方だから車は日常ユースである。
毎日スポーティな走りばかりはしてられない。

トヨタ、ホンダ、日産にはスマートなコンパクトカーを作って欲しいね。
やはりマツダばかりだと飽きてしまう。
あと3年半・・・よろしくお願いしたい。


【注記】
 写真はマイナーチェンジを機にデミオから名称変更したマツダ2。
 フロントが少し変わったくらい。
 来年にはモデルチェンジが行われる予定だが、それほど雰囲気は変わらないだろう。

posted by なすび at 08:37| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月25日

日韓問題について

日本はアメリカの意向に反した外交はしない。
特に対韓国についてはアメリカの意向100%だ。
韓国はアメリカが作った国だし、東西の軍事境界線に当るからだ。

今回のホワイト国解除もアメリカの意向だ。
アメリカが「韓国はもう我々の仲間ではない」と考えたから、日本もそれに従った。
アメリカが「韓国は問題だが、まだ手放す時期ではない。もう少し引き留めておきたい」と考えれば、今回の解除はなかった。

日韓に外交など存在しない。
あるのは米韓の外交だけ。
韓国の政治家もそんなことは百も承知。
だから、日本がホワイト国を解除すると発表するや否や、韓国の政治家は日本ではなくアメリカに飛んだ。
アメリカに言いつけ(笑)に行ったわけではない。
アメリカに詫びを入れに行ったのだ。
「もうイランや北朝鮮に横流しはしませんから、日本の解除を止めさせてください」と。

そのとき、アメリカがどう言ったかは分からない。
しらっと「それは日韓の問題でしょ。アメリカは関係ない」と言ったのか。
それとも、アメリカが求める条件(本音)を語ったのか。

アメリカの本音は「韓国も日本のようにイエスマンになれ」ということだ。
手始めに文在寅を罷免して、親米政権を立てろ。
国内に親中、親北が多いから何とかしろ。
そうしたら、ホワイト国解除の件は考える・・・という感じか。

今は反日で文在寅も人気を盛り返したようだが、長くは続かない。
手のひら返しは韓国人のお家芸だ。
この政権、あと何か月持つか。
もう直ぐ韓国人の憎悪の対象が日本から文在寅に変わるだろう。


【追記】
 今回、日本政府が最初から強気だったのは、国民に嫌韓感情が高まったからではない。
 アメリカの後押しがあったからだ。
 2015年の慰安婦合意を憶えているだろうか。
 日本国民の多くが反対していたが、安倍首相は合意に踏み切った。
 もちろん、アメリカの意向である。
 アメリカが韓国を「もう少し引き留めておきたい」と考えたから、日本は従わざるを得なかったのである。

posted by なすび at 12:40| Comment(2) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

それなりに楽しめた選挙

私は消費増税・移民推進に反対だから、今回は安倍自民を支持したくなかった。
立憲、共産は論外。
自民以上に移民好き(笑)だし、消費増税反対もカッコだけ。
どうせ政権が取れないから耳障りのいいことを言って票が欲しいだけ。

ということで、「NHKスクランブル化」のワンイシューに絞った「NHKから国民を守る党」に入れた。
議員数名の弱小政党ができることなど限られている。
大げさに国政や外交を語られても片腹痛い。
どうせ大政党に飲み込まれるだけだ。
それなら、ワンイシューをとことん突き詰めて貰いたい。
国会議員一人でNHK問題にメスを入れて貰ったら大成功である。
小泉だって「郵政民営化」のワンイシューで首相になったのだから。

今回の選挙で「NHKから国民を守る党」は国会議員1名、政党要件を満たす票を取った。
あれだけマスコミに無視されて、よくここまで頑張った。
マスコミと左翼の大応援を受けて2名しか出せなかった「れいわ新選組」より、よほど立派だ。

あまり実りのない選挙だったが、自分の投票した党が議員を出せるか、政党要件を満たせるか、興味を持って見ていた。
私的にはそれなりに楽しめた選挙だった。

posted by なすび at 09:40| Comment(2) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする