2019年06月02日

人生のやりきれなさ

農水官僚の元トップが息子を殺した。
40過ぎて無職・引きこもりのドラ息子のようである。

多くの人がそうであると思うが、私も殺した親に同情的である。
一生懸命勉強して東大を出て、また、一生懸命働いて官僚のトップに上り詰めた。
しかし、産んだ子供の素質が悪過ぎた。
「大ハズレ」クジを引いてしまったのである。

優秀な親から必ずしも優秀な子供が生まれるわけではない。
しかし、馬鹿な親から優秀な子供が生まれる確率より高いだろう。
とはいえ、時として「ハズレ」も出る。
そう考えると、子供はリスキーな存在である。

親の人生設計は一人のバカ息子によってぶち壊しである。
永年積み上げた名声も資産もすべて失う。
しかも、それは必ずしも親の責任とは言えない。
単なる偶然、遺伝子配列の悪戯である。

「親の教育がよくなかった」という人もいるだろう。
確かに、そういう部分もあるかもしれない。
しかし、標準以上の素質があれば自立した大人にはなっていますよ。
性格は歪んでいるかもしれないけど(笑)。
キャリア官僚なら子供を有名私大や有名企業にコネで入れることは難しくないだろうし。

要は、自分自身の才能運はあったけど、子供の才能運にはまったく恵まれない人だった。
そういう星の下に生まれてきた人だった。
いかにも哀れで、人生のやりきれなさを感じさせる事件だ。

posted by なすび at 10:36| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする