2019年03月10日

社畜からアフィ畜へ

楽しみのためにブログを書いて、ウケたなら多少の小遣い銭が貰えたらいいな。
ってな気持ちで始めたつもりが、いつの間にか一度上がったアクセス数を下げたくない、もう少し収入を増やしたいということになる。
そのためには、ウケそうな記事を探す、引きの強そうなタイトルをつける、書くことがないのに毎日更新する。
アフィリエイトの家畜・・・アフィ畜である。

社畜を軽蔑してセミリタイアしたはずが、いつの間にかアフィ畜になっている。
哀しい話だ。
書いている本人は気づかないのだろうか。

ブログの半数はアフィ畜ブログおよびその予備軍だろう。
社畜が社長なることことはあっても、アフィ畜がトップブロガーになることはない。
トップブロガーは定期的にまとまった量と質の文章を提供するというタイプがほとんどだ。
日々更新の週刊誌記事に未来はない。

アフィ畜ブログにどの程度の収入があるのかは知らない。
月一万円あるのかな。
そのために毎日更新か。
バイトを増やして、自分が書きたい記事を書いた方がいいよ。

未来があるのならまだいい。
このタイプは決して今以上収入が増えないし、止めたらアクセスはガタ落ちである。
消耗品ブログの過去記事を読む人もいないだろう。
必死でペダルをこいでいる自転車操業。
たった一万円のために(笑)・・・社畜の方がよほどマシである。

posted by なすび at 11:34| Comment(8) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする