2019年03月07日

消えてしまったブロガー

セミリタイア村のブログを見始めて6年以上になる。
数百というブログを読んできたわけだが、いつの間にか消えてしまったブログも多い。

@破綻型
 どう見ても資金的に無理筋なリタイア者のブログである。
 リタイアというより会社が嫌で辞めただけで、計画性はまったくない。
 妻子がいる場合も多い。
 自己正当化、社会や会社の批判。
 家庭円満を必死でアピールしているが、文面から本人の不安な気持ちが滲み出ている。
 いつか破綻するだろうと見ていると突然更新が止まる。
 破綻したんだろう。

A飽きちゃった型
 ブログを始めて何年、リタイアして何年と時間が経つと書くことがなくなる。
 無理して書いてもしかたがない。
 アクセス数も増えない。
 他人のブログを見てもつまらない記事ばかり。
 ブログは所詮消耗品である。
 どこか虚しい感じがして、週一回の更新が月一に、そのうち数ヶ月に一回になり止まってしまう。
 飽きたのだろう。

B死亡型
 定期的に更新されていたブログが突然止まることがある。
 破滅の気配もなければ、飽きた気配もない。
 どうしたんだろう。
 数ヶ月して覗いてみると、奥さんから「主人は亡くなりました」という記事が更新されている。
 ブログ村の政治カテゴリで実際にあった話だ。
 死亡や病気で書けなくなった、書く気力を失った中高年のブロガーも少なくないだろう。

消えてしまったブログのことを思うと悲しくなる。
この辺で止めよう。

posted by なすび at 08:59| Comment(6) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする