2019年03月17日

フランスが荒れている

フランスが荒れている。
【反政府デモが18週続き、暴徒化】
https://www.sankei.com/world/news/190317/wor1903170009-n1.html(記事)

当然である。
元々格差社会である欧米でさらに格差が広がっているからだ。
そこに移民。
庶民はたまったものではない。

マクロン大統領は金持サイドの人間である。
金持の利権を守ろうとする。
よってデモは反マクロンというスローガンになるが、要は反金持・反格差である。

日本も格差が広がったと言われるが、欧米に比べたら子供だましのようである。
レベルが違う。
そして、格差の固定化も少ない。

日本の批判をするのは結構だが、国の良し悪しなど所詮相対評価である。
外国と比べてどうかという判断が必要だ。
いまさら中進国や後進国と比較しても無意味だから、比べるならG7の国だろう。

確かにアメリカは高齢化に悩んではいない、経済も順調そうだ。
しかし、ヨーロッパはどうだろう。
高齢化、移民、格差、主要産業のなさ・・・日本以上にオワコンである。

安易な日本批判の前に少し世界事情を調べたらいい。
今はネットで直ぐに情報収集できるのだから。

posted by なすび at 11:49| Comment(2) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月14日

ネットで稼ぐ方法

イケダハヤトがやっているYouTube動画を見た。
落ち着いた口調で要領よく話すのは意外だった。
人気ブロガーというのは要点整理が得意なのだろう。

社会問題を扱った話はイマイチだ。
やはり人生経験、社会経験が浅いので、表面的かつ浅薄な印象がある。
しかし、お得意のネットビジネスに関しては納得するような内容が多かったので紹介する。

ブログで稼げない5つの理由
https://www.youtube.com/watch?v=cLinT_Vj0ME&t=368s
 稼ぐためのブログは自分が書きたいことを書く場ではない。
 アクセスや単価の高いアフィリエイトが付く分野で勝負すること。
 具体的には、資産運用、転職、美容、脱毛、育児、不動産など。
 田舎暮らしや地方グルメはダメらしい。
 たぶんセミリタイアも駄目だろう(笑)。
 集客もイマイチだし、単価の高いアフィリエイトが付くとは思えない。
 稼げる分野で稼ぎ、セミリタイアブログは趣味でやるのが一番だろう。

ブログがオワコンである5つの理由
https://www.youtube.com/watch?v=o12W37f-qQA
 これからはYouTube動画だよね・・・という話。
 これは当然。
 みんな本よりテレビや映画を好むからである。
 私のように流行に疎い中高年でさえ、いまやブログよりYouTubeを見ることが多い。
 若い人はなおさらだろう。

要は、ネットで稼ぐにはYouTubeで上記分野の動画を配信するのがいいということだ。
平凡な結論だが、たぶん間違いない。


posted by なすび at 23:17| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

地方の駅前マンション

私が住む地方都市にも駅前マンションがある。
定期的に新築され、今は10棟近くあるのではなかろうか。

地方では都会ほど駅前マンションの有難味はない。
通勤やレジャーで車を使うからである。
駅前マンションの住人も車を持つことになる。
いったん車を持ってしまえば、駅前も郊外も利便性にそれほど大きな違いはない。
わざわざ駅前である必要もなければ、マンションである理由もない。

それでは、駅前マンションに誰が住むのだろう。
車に乗れなくなった、あるいは乗れなくなることを想定した中高年だと思う。

地方は車に乗れる間は不便はない。
むしろ都会より便利かもしれない。
しかし、いったん乗れなくなると、病院へ行けなくなるだけでなく、日々の買い物にも困ることになる。
陸の孤島である。

よって、余裕のある中高年が郊外の自宅を手放し、駅前マンションを買うのだろう。
駅前は店舗も多いし、バスで直ぐに病院に行ける。
歳をとってレジャーに行く気もしなくなった老人には、車がなくても生活できる駅前は大変便利だ。

そんなことを考えていると、駅前マンションが老人ホームの予備校に見えてきた。
郊外から駅前へ、そしてボケたら老人ホームである。
地方の駅前マンションはオシャレな場所ではないね(笑)。


【追記】
 私は今のところ駅前マンションへの住み替えを考えていない。
 大型スーパーまで徒歩5分、バス停まで徒歩30秒の場所に自宅があるからである。
 また、老後の楽しみとして庭は必須だと思っているからでもある。
 しかし、近所の大型スーパーがなくなれば話は別だ。
 何らかの対策が必要になるだろう。

posted by なすび at 09:04| Comment(4) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

社畜からアフィ畜へ

楽しみのためにブログを書いて、ウケたなら多少の小遣い銭が貰えたらいいな。
ってな気持ちで始めたつもりが、いつの間にか一度上がったアクセス数を下げたくない、もう少し収入を増やしたいということになる。
そのためには、ウケそうな記事を探す、引きの強そうなタイトルをつける、書くことがないのに毎日更新する。
アフィリエイトの家畜・・・アフィ畜である。

社畜を軽蔑してセミリタイアしたはずが、いつの間にかアフィ畜になっている。
哀しい話だ。
書いている本人は気づかないのだろうか。

ブログの半数はアフィ畜ブログおよびその予備軍だろう。
社畜が社長なることことはあっても、アフィ畜がトップブロガーになることはない。
トップブロガーは定期的にまとまった量と質の文章を提供するというタイプがほとんどだ。
日々更新の週刊誌記事に未来はない。

アフィ畜ブログにどの程度の収入があるのかは知らない。
月一万円あるのかな。
そのために毎日更新か。
バイトを増やして、自分が書きたい記事を書いた方がいいよ。

未来があるのならまだいい。
このタイプは決して今以上収入が増えないし、止めたらアクセスはガタ落ちである。
消耗品ブログの過去記事を読む人もいないだろう。
必死でペダルをこいでいる自転車操業。
たった一万円のために(笑)・・・社畜の方がよほどマシである。

posted by なすび at 11:34| Comment(8) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

消えてしまったブロガー

セミリタイア村のブログを見始めて6年以上になる。
数百というブログを読んできたわけだが、いつの間にか消えてしまったブログも多い。

@破綻型
 どう見ても資金的に無理筋なリタイア者のブログである。
 リタイアというより会社が嫌で辞めただけで、計画性はまったくない。
 妻子がいる場合も多い。
 自己正当化、社会や会社の批判。
 家庭円満を必死でアピールしているが、文面から本人の不安な気持ちが滲み出ている。
 いつか破綻するだろうと見ていると突然更新が止まる。
 破綻したんだろう。

A飽きちゃった型
 ブログを始めて何年、リタイアして何年と時間が経つと書くことがなくなる。
 無理して書いてもしかたがない。
 アクセス数も増えない。
 他人のブログを見てもつまらない記事ばかり。
 ブログは所詮消耗品である。
 どこか虚しい感じがして、週一回の更新が月一に、そのうち数ヶ月に一回になり止まってしまう。
 飽きたのだろう。

B死亡型
 定期的に更新されていたブログが突然止まることがある。
 破滅の気配もなければ、飽きた気配もない。
 どうしたんだろう。
 数ヶ月して覗いてみると、奥さんから「主人は亡くなりました」という記事が更新されている。
 ブログ村の政治カテゴリで実際にあった話だ。
 死亡や病気で書けなくなった、書く気力を失った中高年のブロガーも少なくないだろう。

消えてしまったブログのことを思うと悲しくなる。
この辺で止めよう。

posted by なすび at 08:59| Comment(6) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする