2018年11月21日

ユーチューバーの収入

ユーチューバーの月収はチャンネル登録数の2〜3倍といわれている。
登録数10万であれば、月収25万円。
副収入としては十二分だし、主収入としても何とかやっていける。

最近見ているユーチューバーをチェックしてみよう。

@でいぜろバンコク(登録数2.4万)
 バンコクの現地採用で働いている二人組がタイを紹介している動画。
 ゆるい、素人っぽい感じがいい。
 YouTubeの月収は6万円だから副収入の範囲だろうと思っていたら、一人は会社を辞めていた。
 生活は大丈夫だろうか。

Aたっちゃんねる(登録数4.6万)
 名古屋在住のオッサンが一人で飲み食いしている動画。
 普通のサラリーマンのようである。
 YouTubeの月収は12万円だから、副収入としては立派だ。
 大食いで、動画では1日2万円は飲み食いしているが、その費用は十分賄える。
 最近はオシャレな服も着ているなあ。

Bくーねる(登録数8万)
 30前後の男子がアウトドアや料理をする動画。
 定職を持っている感じではない。
 若いのに独特の口調が癖になる。
 YouTubeの月収は20万円だから、男一人なら充分食っていけるだろう。
 そういうば、カヌーを新調していたな。

人気が出るとそこそこの収入になるが、いつまでも続くわけではない。
個人がネタを絞り出し、主役も演じるわけだから、どうしてもマンネリ化する。
そのうち飽きられて収入は激減するだろう。

上記サイトも主だった動画を2〜30まとめて見ると食傷してきた。
ワンパターンだからである。
最近はたまにしか見ない。

posted by なすび at 07:00| Comment(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする