2018年11月13日

男の運命

自然出産では、女100に対し、男105の割合で生まれる。
男が女より5%多いわけだ。

男は虚弱だから、医学が遅れていた昔は、特に子供のとき死にやすかった。
それで、多めに生れて、適齢期に男女同数になるという人類の英知だったのだろう。

ところが、人類の英知を超えて医学が進んだため、昔であれば死んでいた虚弱男子が生き残るようになった。
その結果、適齢期を過ぎても男の数が多く、男女同数になるのは50代になってからである。

私はもう記憶にないが、若い人なら学校のクラスを思い出して欲しい。
40人クラスなら、男21に対し、女19・・・常に男余りしていたはずだ。

学生時代は余っていた男だが、20代、30代と年を追うごとに減って行く。
男は女より過酷な労働を強いられ、かつ虚弱だから死にやすい。
女と同数になる50代までに女より5%多く死んでいることになる。

哀れである。

虚弱だから多めに作られて、多目に死んで、やっと同数になるのは人生の花を過ぎたオッサンになってからである。
それからも、どんどん減っていくわけだが、60代のオッサンに有難みはなく、オバハンにさえ相手にされない。

男の私としては、自然出産の男女比を逆転して欲しいと願う。
適齢期には男が5%以上少ないことになる。
モテモテだろう。

50代になると男は10%以上少ない。
モテないまでも邪険にされることはない。
虚弱で、多目に死んでいく男の運命に変わりはないが、今より多少の救いはあるはずだ。

posted by なすび at 18:18| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする