2018年11月12日

ブログ訪問者の年齢と性別

Googleアナリティクスというサイト分析ツールを利用してみた。
このブログをどういう人が、どれくらい見てくれているのか。

その中で気になったのが、訪問者の年齢と性別である。
Googleアナリティクスでは年齢と性別の割合がきれいに表示されている。

ブログを見るときに、年齢と性別を記入してアクセスすることはない。
だから、どうやってGoogleは年齢と性別を判別しているのだろうか。

調べてみると、彼らが過去にみたサイト履歴からGoogleが類推しているとのことだ。
例えば、化粧品や女性服のサイトを見た履歴が残っている場合は「女性」と判別するのだろう。
また、アニメや若い芸能人のサイトをよく見る人であれば「18〜24歳」と見なしたりするのだろう。

意外と正確なのかもしれない。

このブログだが、57歳のオッサンが書いている。
ごく自然に思ったことを書いているだけだから、読者は同世代の同性が多いと思っていた。
ところが、何と一番多いのは「25〜34歳」であり、次いで「18〜24歳」である。
この二つで、6割以上。
女性も意外と多くて「46%」・・・ほぼ男女同数である。

よく考えてみると、それほど変なことではないかもしれない。
今や高齢者もネットを扱う時代になったが、はやり主体は若者である。
また、ネットの主役は女性である。
ブログ村のトップブロガーはみな女性であり、読者の大半も女性だろう。

私は今考えている。
アフィリエイトもしていないし、アクセスが欲しいわけでもない。
しかし、私にもサービス精神はある。
読者に気に入られたいという作家欲もある。

もう少し若者向け、女性向けに書くべきではなかろうか。
しかし、どうしたら若者ウケ・女性ウケするのだろう。
今のところ結論は出ていないが、頭の片隅に残り続けているのは確かだ。

posted by なすび at 17:25| Comment(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする