2018年11月07日

軽自動車から思うこと

最近の軽自動車は高い。
私のデミオ(1300t)より高い軽はザラである。

6ab592519fb7d566ba54c577736e4eb6.jpg

理由は簡単だ。
軽自動車に普通車並みの機能を求めるからである。
エンジンパワー、安全性、室内空間、ナビ・・・。
普通車と同じ機能であれば、普通車と同じ価格になるのは当然である。

実際、車体や排気量に制限がある軽に普通車並みの機能を入れ込むことは大変だ。
むしろ、軽が割高なのが自然といえよう。

昔の軽は何も付いていなかった。
エアコン、パワステ、パワーウインド・・・こんなものも無くて、ただ人を乗せて走るだけの車だった。
だから、安かった。

いまどき何も付いていない軽自動車を買う人は少ないだろう。
普通車並みの機能を持ちながら、税的に優遇されているから軽自動車にする人が大半だろう。
税の優遇がなくなれば、みな普通車に乗り換えるだろう。
もう普通車と軽自動車を分ける意味はない気がする。

むしろ分けるとすれば、車がないと生活できない地方と、そうでない都会とで自動車税を変えるのがいい。
地方の車は必需品だが、都会の車は贅沢品である。
日本でこういう施策が取れたら素晴らしいが、こんな常識がなかなか実現しないのが日本という国である。

posted by なすび at 11:02| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする