2018年10月31日

悲惨な団塊ジュニア

私は64歳から年金(厚生部分)が貰える。
あと7年である。

さすがに、これだけ近づくと凡その想定は可能である。
年金は時期・額ともに予定通り支払われるだろう。
そして、支給が始まってからも十数年は大きく下がることはないだろう。

これはすべて団塊ジュニアのお陰である。
彼らは70まで働くだろうから、私の年金も80くらいまでは大丈夫だ。

しかし、80以降は減額を余儀なくされるだろう。
一番の支え手である団塊ジュニアが支えられる側に回るからである。

どれぐらい下がるんだろう。
下手したら労働者一人が高齢者一人を支えることになるかもしれない。
そうなると、2〜3割減で済むかどうか。

今の50代後半は男でも80以上生きる人が多そうだ。
そうなると、80以降のために金を残しておく必要がある。
我々の世代でもこんな感じだから、若い人はもっと入念な準備が必要だろう。

それにしても悲惨なのは団塊ジュニアだ。
しっかり払って貰える額はわずか。
親の団塊世代は結構な年金を貰っているから、「子のために、しっかり残しとけ」と言うしかない。


【追記】
 2040年、私が80になる頃の人口ピラミッドだ。
 団塊ジュニア(というか、それ以下の世代)がいかに悲惨か分かるだろう。
2040.png

posted by なすび at 07:34| Comment(2) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする