2018年10月15日

80歳が限界

地方において車は最重要アイテムだが、いつか車に乗れない日が来る。
男であれば、80歳前後だろうか。
周りから見てハラハラするような運転が続き、家族から「事故を起こしそうだから、もう止めて」と言われる年齢だ。
(隣のおじさんは病気で倒れたこともあり、2年前、78歳で奥さんから止められた。)

車に乗れなくなると行動範囲は極端に狭まる。
その頃には足腰もヨタっているから、自転車で自宅の半径1〜2キロを移動するのが精々だろう。
バス旅行も泊りは面倒になるから、日帰りで十分。
(隣のおじさんの話を聞き、様子を見たら自明。)

家族があればいいけど独り者は大変だ。
地方では徒歩圏内にスーパーやバス停がある場所ばかりではない(むしろ少ない)。
車で買い物や病院に行けなくなるので、生活自体が成り立たなくなる。

都市部ではスーパーやバス停はあるだろうから生活はできる。
電車もあるから、地方より行動範囲は広いだろう。
しかし、足腰がやられ、疲れやすいことには変わりないから、大したレジャーはできない。
特別な病気がなくても、以上のような状態になる年齢が男80と理解している。

要は、物を買うにしても、遊ぶにしても、旅するにしても、食べるにしても80まで。
金を持っている人も持っていない人も、所持金は80までに使わないとどうしようもない。

とはいえ、最近は長生きだから、それ以降も人生は続く。
少しはマシな老人ホームに入りたいと思えば、多少の金は残して置く必要もある。
この辺の兼ね合いが難しいね。


【追記】
 よく「一生もの」といわれる商品があるが、現在57だから、私の一生(活動年数)は23年である。
 50年使えるものを買っても、23年しか使えない。
 それを考えて、買うなり、捨てるなりする必要がある。

posted by なすび at 08:46| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする