2018年10月19日

なぜ日本人の幸福度は低いのか

世界で幸福度ランキング調査をすると日本の順位が低い。
普通は先進国ほど順位が高いのに、日本は後進国以下の順位だ。
先進国の中でもG7に入る超先進国の日本の順位が低いのは異常と言えば異常である。

そもそも日本は異常な国なのである。
戦前戦後を通じて、非ヨーロッパの先進大国は日本だけ。
戦前に植民地支配を受けなかった(どころか、領土を広げた)非ヨーロッパの国は日本だけ。
ヨーロッパの価値観に押し潰されず、独自の価値観を守った唯一の非ヨーロッパ国家だからである。

だから、ヨーロッパ人が作ったテストで異常な数値が出ても驚くことはない。
日本は他の国がヨーロッパ人によって奪われた独自の価値観を維持できている唯一の国だからだ。
アジア・アフリカ諸国は永年の植民地時代に、ヨーロッパ人のように考える習慣を身につけさせられた。
(南北アメリカ、オーストラリアはヨーロッパ人によって民族浄化された。原住民はほとんど残っていない。)
だから、世界中、ヨーロッパ人と同じように反応し、同じテスト結果になるのである。

金があるから、安全だから、メシが旨いから、便利だから、清潔だからハッピー。
はい、5段階評価で5点。
そんな即物的で単純な幸福感を持っていないのが日本人だろう。
日本人はもう少し複雑で悩ましい国民だ。

リタイアして一生遊んで暮らせる身分でも悩む・・・「こんなにボンヤリしていていいのだろうか」
平日の朝からビールを飲んでも考える・・・「もっと充実した生き方はできないのか」
人気ラーメン店のラーメンを食べながら反省する・・・「大盛が食えなくなった。もっと運動が必要だ」
上海のキャバクラでも考察する・・・「この中国娘たちの給料はどれくらいで、いくら親元に送っているのか」

こうでなければ日本人でないと思うが、いかがだろうか。

posted by なすび at 09:29| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月18日

リタイアしたい人に向かない仕事

リタイアしたい人に向かない仕事とは・・・私の見解では「公務員」である。
意外に思う人が多いかもしれない。
理由は以下の通り。

リタイアを志向する人は「人間関係が苦手」「社交が苦手」という人が多い。
ところが、公務員は人間関係や社交が重視される仕事だからである。

一般企業においても、人間関係や社交は重要だ。
私見では、出世や評価の要件の8割は社交能力である。
しかし、一般企業は物が売れなければ潰れるしかない。
だから、同時に生産性、すなわち「仕事ができる」ことも求められる。

ところが、公務員は潰れる心配がないので生産性は二の次である。
その結果、出世や評価の要件の10割が社交能力になる。
だから、社交が苦手なリタイア志向者には向かないのである。

「出世や評価なんて、どうでもいいよ」という人がいる。
大抵、若い人である。
しかし、出世するかしないかで年収は結構変わる。
35過ぎて年相応のポジションにいないと、同世代からは当然、20代の女の子にも軽んじられる(当然モテない)。
仕事を教えた後輩が上司になる。
普通の神経の持ち主なら、まず耐えられない。

「仕事もできない」「社交もできない」という人はしかたがない。
評価のしようがないからだ。
しかし、「仕事はちゃんとやれるが社交は嫌い」という人もいるだろう。
そういう人が悔しい思いをしなくて済む仕事、最も向く仕事は能力が求められる「専門職」である。
社交能力が多少低くても、仕事ができれば大きく評価値を下げられないからだ。

そして、最も向かないのが生産性をそれほど問われない「公務員」ということになる。
評価基準が100%社交なのだから、社交嫌いには報われない仕事である。

posted by なすび at 08:07| Comment(6) | リタイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月17日

地方人は体力がない

私はクロスバイクを持っているが、利用頻度は少ない。
使うのは1.5キロ離れた「ほっともっと」で弁当を買うときだけである。
それも冬場は寒いから利用しない。

09261721_5606557067dab.jpg

クロスバイクを買った当初(2年半前)はこんな体たらくではなかった。
4キロ離れた駅前にも、6キロ離れた寺社仏閣にもクロスバイクで行っていた。
ロードバイクに混じって自転車専用道を走ったこともあった。

今はどうしているかと言えば、車である。
どこに行くにも車である。

地方人は歩いて行ける場所でも車を利用するという。
だから、日常的な体力は都会人の方があるとのこと。
都会は電車があるといっても、自宅から駅、駅中、駅から職場とよく歩く。

ということで、これから駅前まで「車」で買い物に行く。
1.5キロ離れた「ほっともっと」に車で行き出したら、私も立派な地方人になったことになる。

posted by なすび at 09:15| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

共感できるブログ

共感できるブログがある。
これは傾向がハッキリしていて、
 @同世代(5〜60代)
 A同性(男)
 B独身
の人のブログである。
要は、私と立場が近い人のブログだ。

この3つが揃うと、記事に違和感を感じることが少ない。
「なるほど」「分かるな」と理解できることが多い。

同世代の男性でも既婚者は距離感がある。
妻や子供の話が多くてピンと来ないこともある。
また、家族持ちはどうしても丸くなるので、あまり尖った感じの話が少ないからかもしれない。

立場が近ければ利害は近くなり、考えることも似てくる。
自ずから共感が生まれるわけだ。
性格や感性よりも立場の方が大きい気がする。
立場の方が基本的な生活に根付いていると思うからだ。

ということで、「50代の生き方」カテゴリーに登録してみた。
このブログに共感してくれる人がいるといいが。

posted by なすび at 09:10| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

80歳が限界

地方において車は最重要アイテムだが、いつか車に乗れない日が来る。
男であれば、80歳前後だろうか。
周りから見てハラハラするような運転が続き、家族から「事故を起こしそうだから、もう止めて」と言われる年齢だ。
(隣のおじさんは病気で倒れたこともあり、2年前、78歳で奥さんから止められた。)

車に乗れなくなると行動範囲は極端に狭まる。
その頃には足腰もヨタっているから、自転車で自宅の半径1〜2キロを移動するのが精々だろう。
バス旅行も泊りは面倒になるから、日帰りで十分。
(隣のおじさんの話を聞き、様子を見たら自明。)

家族があればいいけど独り者は大変だ。
地方では徒歩圏内にスーパーやバス停がある場所ばかりではない(むしろ少ない)。
車で買い物や病院に行けなくなるので、生活自体が成り立たなくなる。

都市部ではスーパーやバス停はあるだろうから生活はできる。
電車もあるから、地方より行動範囲は広いだろう。
しかし、足腰がやられ、疲れやすいことには変わりないから、大したレジャーはできない。
特別な病気がなくても、以上のような状態になる年齢が男80と理解している。

要は、物を買うにしても、遊ぶにしても、旅するにしても、食べるにしても80まで。
金を持っている人も持っていない人も、所持金は80までに使わないとどうしようもない。

とはいえ、最近は長生きだから、それ以降も人生は続く。
少しはマシな老人ホームに入りたいと思えば、多少の金は残して置く必要もある。
この辺の兼ね合いが難しいね。


【追記】
 よく「一生もの」といわれる商品があるが、現在57だから、私の一生(活動年数)は23年である。
 50年使えるものを買っても、23年しか使えない。
 それを考えて、買うなり、捨てるなりする必要がある。

posted by なすび at 08:46| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする