2018年09月15日

どういう場所を観光するか

観光をするとき、どんな場所に関心があるか。
私の場合は、歴史的建造物である。
自然の景観や美術館は二の次である。

歴史的建造物もできる生活臭が感じられるものがいい。
例えば、武家屋敷や商家、農家、そして城郭。
数百年前の人間が、そこでどんな暮らしをしていたのか想像できる場所が面白い。

寺社仏閣は昔から多くの人が集う公共的な場所だったため、あまり面白くない。
基本、「見世物小屋」であるからプライベートな生活感がない。
城郭は今の県庁だから公共的ではある。
が、藩主の居住スペースや専用の庭、一般藩士の職場まであって、それなりに楽しい。

武家屋敷は庭がいい。
中級の武家であれば200坪程度の敷地である。
現代の庭作りにも参考になる。
屋敷の内部は簡素過ぎで、それほど面白くない。

そういう意味では、商家や農家が一番面白い。
今残っているのは、江戸時代の大商人や豪農の屋敷である。

主人の生活スペースはやはり広くて立派。
従業員は男女別の相部屋・・・まあ、寝床である(夜這いなどしたのだろうか)。
従業員から見たら主人の娘さんは高根の花・・・憧れの対象だったのだろうか。
凝った作りの部屋や坪庭などもあり、見学した後は、自宅をリフォームしたくなる。

ということで、いま予定している旅も歴史的建造物の観光が中心だ。
城郭、代官屋敷、武家屋敷、商家・・・楽しみである。

posted by なすび at 10:56| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする