2018年09月08日

リタイアの醍醐味

人に好かれた方がいいのか、悪いのか・・・普通なら好かれた方がいいだろう。
しかし、周りの評判が気にならないのなら、評判を落とすことによって損をしないなら、嫌われた方がいい。
理由は、周りが腫れ物に触るかのように注意して接してくれるからである。

社会人であれば、さすがに嫌われるのはマズい。
仕事上の情報も入って来なくなるし、協力も得られない。
何より、出世に響く。
しかし、リタイア者で、人付き合いをする気がないのなら、絶対に煙たがられた方がいい。

知人なら、つまらない連絡がなくなる。
隣近所なら、騒音に気をつけて貰える。
地域なら、変な役員に任命されることはない。

私はリタイアし、実家に戻って2年半になる。
近所で話す人は隣と裏のおじさん二人である。
あとは、挨拶する程度。
地方の近所付合いといえども、こんなものである。

だから、騒音その他で文句が言いたいときは遠慮なく言うようにしている。
確実に煙たがられていると思うが、マナーを守らず、他人に迷惑をかける方が悪いのである。
言いたいことを誰に対しても言えるのがリタイアの醍醐味だ。

posted by なすび at 16:16| Comment(2) | リタイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする