2018年09月13日

車は便利だ

地方はどこも人口減少しているが、私の市は辛うじて現状維持している。
理由は数十年前に大手企業の工場誘致に成功したからだ。

お陰で、市は活気を失わずに済んではいるが、環境面はイマイチである。
とにかく、車が多い。

若い人は環境よりも利便優先だろうが、私のような中高年は環境優先である。
普通の地方都市のように衰退して、老人、空き家の多い静かな町が望ましかったが、思うようにはいかないものだ。

Iターンであれば、自分の思い通りでなければ引っ越しすればいい。
しかし、自分所有の実家であれば、いたしかたがない。
母と同居で生活費はほとんどかからないという結構な身分である。
なかなか捨てがたいものだ。

さて、地方では車が増えている。
女性が働き出し、車に乗るようになったからである。
運転マナーもよくない。

地方は車があると便利に出来ていて、道は空いているし、駐車場は無料、観光地の観覧も安い。
だから、地方に住めば車を持たないと損である。
地方の大きなメリットを失うことになる。

こんなことを考えながら、10キロ先の道の駅に車で買い物に行っている。
ドライブは楽しいし、車は便利だ。

posted by なすび at 10:44| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

地方に人材はいない

地方に人材はいない。
能力やヤル気がある人間は都会に出るからである。
だから、地方に残っているのはクズばかり。

地方の何が問題かといえば、大手企業が少ないこと。
だから、仕事を通して学ぶ機会がない。
クズでも鍛えられたら、皆そこそこやれるようになる。
しかし、鍛えてくれる場所がない。

海外出張でもあれば、多少はリアルな海外事情が分かる。
しかし、彼らにあるのはパックツアーだけ。
それでは、外国など何も分からない。

クズを相手にしている役所や警察も駄目。
クズは行政のいい加減さを突っ込まないからだ。
だから、役所も警察も鍛えられない。
クズがクズを適当にあしらっているだけ。

ときどき、驚くような真っ当な人がいる。
こんな地方で勿体ないような人材である。
この人はクズの中で偉くなるのか、煙たがられるのか・・・たぶん、後者だろう。

本当に地方には人材がいない。
地方に帰って2年半の実感だ・・・残念。

posted by なすび at 17:53| Comment(4) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

リタイアの醍醐味

人に好かれた方がいいのか、悪いのか・・・普通なら好かれた方がいいだろう。
しかし、周りの評判が気にならないのなら、評判を落とすことによって損をしないなら、嫌われた方がいい。
理由は、周りが腫れ物に触るかのように注意して接してくれるからである。

社会人であれば、さすがに嫌われるのはマズい。
仕事上の情報も入って来なくなるし、協力も得られない。
何より、出世に響く。
しかし、リタイア者で、人付き合いをする気がないのなら、絶対に煙たがられた方がいい。

知人なら、つまらない連絡がなくなる。
隣近所なら、騒音に気をつけて貰える。
地域なら、変な役員に任命されることはない。

私はリタイアし、実家に戻って2年半になる。
近所で話す人は隣と裏のおじさん二人である。
あとは、挨拶する程度。
地方の近所付合いといえども、こんなものである。

だから、騒音その他で文句が言いたいときは遠慮なく言うようにしている。
確実に煙たがられていると思うが、マナーを守らず、他人に迷惑をかける方が悪いのである。
言いたいことを誰に対しても言えるのがリタイアの醍醐味だ。

posted by なすび at 16:16| Comment(2) | リタイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

老人について

私は年寄(母86歳)と暮らしているから分かるが、歳をとったからといって性格が良くなるわけではない。
性格は変わらない。
私が子供の頃知っている母と同じである。

すなわち、良くも悪くもなっていないということだ。
長所も欠点もそのまま。
人間、欠点の方が多いから、困った程度もそのままである。

また、経験を重ねて賢くなっているわけでもない。
よく時代劇で知恵のある村長(むらおさ)が登場するが、あれは元々頭のいい人が歳をとっただけだろう。
普通の人間は経年によって、それほど賢くなるわけではない。

老人のいいところは過激なことをしないくらいだろう。
気力や体力が落ちて無茶なことをしたくてもできなくなっている。
そのほかは老人のいい点は何もない。

私もあと10年すれば老人と呼ばれる歳になる。
今以上に賢く、優れた人間にならないと理解しているから高望みはしない。
他人に好かれる必要もまったくない。
酷く憎まれなければ、それで結構だ。

posted by なすび at 18:12| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする