2018年07月12日

失われた人たち

3000年前、東日本には縄文人が住んでいた。
彼らは大変古い血を持った人たちで、アジアのどの民族とも違うDNAを持っていた。
同じ頃、西日本では弥生人が暮していた。
彼らは在来の縄文人と外来の中国系が混血したハイブリッドである。

5e28f758.jpg

日本には元来、縄文人だけが住んでいたと思われる。
が、いつの頃か、中国系の渡来人が渡って来て混血した。
3000年前以後も相当数の渡来人が訪れ、さらに混血が進んだ。
2000年前には中国系88%、縄文系12%という割合の弥生人が完成した。
これが我々日本人の直接の祖先であり、その比率は現在も変わっていない。

私は現代日本人が縄文人の血をもっと多く受け継いでいると思っていた。
が、最新の核DNAの調査結果では12%であった。
Y染色体やミトコンドリアDNAによる調査結果ではもう少し高い割合だが、核DNAの方が遺伝子情報が多く、正確ということらしい。

我々は縄文人という特異な血を1割だけ受け継いだ中国人という言い方もできる。
何だか残念である。
中国の歴史や文化、風俗を学べば学ぶほど「一緒にされたくない」という思いが強くなるからだ。

縄文人は優しい人であった。
彼らの墓から武器で傷ついた人骨が一切見つからない。
戦争を嫌った民族であった。

優しい縄文人が中国系渡来人に駆逐され、支配されたと考えるのが自然かもしれない。
縄文の男は殺され、女は子を産まされたと・・・。

ところが、実態はそうでもないのが面白い。
我々日本人は縄文の男子からも女子からもDNAを受け継いでいる。
そして、我々が話す言葉(日本語)は中国語と文法も発音も似ていない。
支配征服されたのであれば、男系の遺伝子は残らず、言葉も中国語になっていたはずだ。
だから、両者が長い時間を掛け、比較的温和に融合したと考えられる。

研究者の今後の課題はいつ、どこで、どのような形で縄文人と渡来人が融合したかである。
私も興味があるところであり、素人なりに空想を楽しんでいる。

posted by なすび at 08:35| Comment(17) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする