2018年07月05日

好きな時代

700年代初頭、日本で最初の歴史書が作られた。
古事記・日本書紀である。

当時の伝承や記憶をベースに作られたから、時代が遡るにつれて記述も怪しくなる。
曖昧、断片的、矛盾・・・要は、「正確でない」ということだ。

書かれた100年前、すなわち600年前後までは「そこそこ正確」と言われている。
推古天皇の時代である。
聖徳太子や蘇我馬子が活躍していた。
この辺りまでは信頼に足る。

卑弥呼を除いて、日本史の有名人はすべて600年以降である。
様々なエピソードが歴史書に残っているからだ。
いくら活躍しても記録に残らない限り、我々の知りようがない。

とはいえ、古事記・日本書紀には日本創生からの様々な記述がある。
「正確でなく」とも、考えたり、想像をめぐらす縁にはなる。

というこで、私は600年以前の歴史が面白い。
自分勝手な空想を楽しむことができるからだ。
古墳ができ始めた300年から600年までの300年間が好きな時代だ。

images.jpg

近場に古墳がある人は訪ねてみたらどうだろう。
大体、この300年間に作られているはずだ。
当時、この場所はどんな状態で、どんな人が暮していたのだろう・・・と。


【追記】
 日本が長い歴史を持っていることは間違いない。
 しかし、よく分かっているのは1400年前までである。
 中国や西欧に比べたら、かなり新しい歴史しか知りえていないと言える。
 理由は「文字を持っていなかった」からである。

posted by なすび at 09:15| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

生活費は200万

私の生活費の目安は年200万だ。
私は57歳、独身、無職、一戸建て所有、車ありである。
(現在は母が存命しており、母の年金で生活しているので年50万くらいしか使っていない。)

200万あれば、もちろん贅沢はできないが、節約を意識する必要がない。
外食もできる。
酒も煙草もやれる。
車も維持できる。
カメラを担いで近場観光もできる。
たまには泊りの旅行もできる。

もちろん、家のメンテナンス、車の購入費用、金の掛かる趣味(たとえば海外旅行・ゴルフ等)の費用は含まない。
別建てである。

リタイア村は倹約家が多いので、200万を高いと感じる人が多数かもしれない。
逆に若い人であれば活動的だから、オシャレや社交でもっと金を使いたいと感じるかもしれない。
まあ、中高年の一つの目安として捉えていただきたい。


【追記】
 リタイア3年目だから税金はないし、国保もわずか、年金も全額免除している。
 地方だから固定資産税も安い。
 携帯もスマホではなくガラケーを使っている。
 節約はしないが、無駄な金は払っていないつもりだ。

posted by なすび at 12:35| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

人口減少について

日本の人口動態である。
出生率(赤い折れ線グラフ)を見ていただきたい。
shusshou.gif

戦後、夫婦2人で子供4.32人を産むという驚異的な数字をたたき出した。
が、徐々に落ち着き、1955年から75年までは2人強の時代が続いた。
それから、段々下がり始め、2005年には過去最低の1.26人。
それ以降、多少持ち直し、現在(1.45人)に至っている。

子供を産まなかった戦犯は75年から05年の間、適齢期であった人間である。
すなわち、現在の35〜65歳の男女が悪いということになる。

もちろん、私も戦犯の一人であるが、言い訳がなくもない。

@35〜65歳が前の世代並みに子供を産んでいたら、今の日本は人で溢れているはずだ。
 1.5億人は超えているのではないか。
 それは、さすがに多過ぎるだろう。

A我々の適齢期、世間から「たくさん子供を作れ」というメッセージはほとんどなかった。
 むしろネガティブなイメージのほうが強かった。
 「狭い国土に人が多数」・・・だから「ウサギ小屋」「渋滞・満員電車」「公害・騒音」。
 みな人口増加に対し、ネガティブなメッセージだった。
 これでは積極的に子供を作る気がしない。

私の言い訳などどうでもいいが、今は「たくさん子供を作れ」というメッセージが巷に溢れている。
それに応じて、出生率も上がっており、おそらく今後も上がり続けるだろう。
日本の人口はいずれ適正な数に落ち着くと思う。
だから、私は人口減少について、それほど心配していない。

posted by なすび at 10:27| Comment(6) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする