2018年06月14日

米朝会談の評価

米朝会談の評価が分かれている。
妙に融和的で曖昧な宣言に終わったからだろう。

free_m.jpg

低評価する人の主張は、
 ・完全かつ迅速な核廃棄が盛り込まれていない。
 ・拉致については話しただけ。
 ・経済支援は日韓がする。
要は、「北朝鮮に甘過ぎる」ということだ。

一方、高評価する人の主張は、
 ・日米の真の敵は中国であり、北朝鮮をこちら側に引き入れたことに意味がある。
 ・敵地攻撃ができない日本は金しか北との交渉材料はない。
  だから、アメリカが金を出さないのは、むしろ日本が希望したこと(米が金を出せば、北は日本との交渉不要)。
要は、「北朝鮮を中国から切り離せた」ということだ。

後者が正しければ、拉致は迅速に解決するだろう。
その代り、相当な金を払う必要がある。

どちらが正しい評価だろうか。
私も分からない。
もう数ヶ月様子を見るしかない。


【追記】
 「誘拐犯に身代金を払うなんてとんでもない」と思う人もいるだろう。
 もっともである。
 しかし、私は全員が還ってくるなら払ってもいいと思っている。
 理由は「言って聞かないなら腕づくで取り返す」という普通の国がする努力を怠っていたからである。

posted by なすび at 14:01| Comment(2) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする