2018年05月18日

日大アメフトと財務次官セクハラ

日大アメフト部の反則および責任転嫁が問題になっている。
私が一番納得したコメントは須田慎一郎のものだった。

・この手の反則はアメフト界では常態化しており、なにも日大に限った話ではない。
・今年は日大の成績がよく、他校は何としても日大を止めたかった。
・よって、関学がバラした。
・この問題が大きくなり過ぎると、火の粉はアメフト界全体に(当然言い出しっぺの関学にも)及ぶ。
・よって、アメフト界は選手一個人の責任にして、収束を図っている。

図式としては、ブラック企業や森加計というより、財務次官セクハラ問題に似ている。
・テレ朝は官僚に美人記者を送りネタを取っていたにも関わらず、自らセクハラ問題を提起してしまった。
・マスコミ界では美人局が常態化しており、バレると官僚との関係が壊れ、マスコミ全体が困る。
・芸能人のセクハラ事件に便乗し、マスコミは隠蔽を図った。
・今はまったく報道していない。

日本の社会では一部の会社や学校、運動部だけが変なことをするというケースは少ない。
それだけ成熟し、共有化された社会だ。
業界全体の問題として捉えるのが順当だろう。

posted by なすび at 12:17| Comment(2) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする