2018年05月31日

田舎について

一口に田舎というが、幅の広い言葉である。
大都市圏以外はすべて田舎と思う人もいれば、近所に店がなく、山や田に囲まれた場所をイメージする人もいる。
ここでは、後者の大田舎を想定してみよう。

大田舎が住み難いのは当然である。
人間関係が濃厚で、不便なのも当然である。
こんなところには、元から住んでいる人以外いない。
移住にはまったく不向きな場所だ。
まともに論ずること自体がナンセンスである。

日本人の半数以上は大都市でも大田舎でもない場所に住んでいる。
地方の比較的便のいい場所である。
仮に中田舎と定義してみよう。

私も中田舎在住である。
地方都市郊外で駅前から4キロ離れているが、徒歩5分圏内に大型スーパーがあり、地銀があり、バス停がある。
便利とは言えないが、不便ではない。
人間関係も濃厚ではない。
都市部の一戸建てとそれほど変わらないと思う。

こういう場所であれば語るに足る。
テレビは「都会VS大田舎」が大好きだが、「都会VS中田舎」でメリット・デメリットを語って欲しいものだ。
実際に大田舎に住んでいる人はわずかで、日本人の半数以上が中田舎に住んでいるのだから。


【追記】
 近所にも大田舎出身の人が数名いる。
 みな「あそこは田舎だから帰りたくない」と言っている。
 中田舎の人でさえ大田舎を嫌っているのだから、都市部から移住するのが間違っているだけの話だ。

posted by なすび at 11:35| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

鱧を食す

道の駅で鱧の湯引きが安かったので買ってみた。
母と半分分けしたので、この倍の量入って250円だった。

DSC_2821.jpg

鱧といえば京都を連想するが、獲れるのは瀬戸内である。
鱧は生命力が強いので、海のない京の都に生きたまま運べる数少ない魚だった。
それで、京都といえば鱧と言われるようになった・・・有名な話である。

質もよかったのだろうが、新鮮で、臭みもなく、旨味だけを感じられる鱧だった。
もちろん日本酒も飲んだ。

このぐい飲みは唐津風であるが、実は京都産である。
京都伏見の土を使って、京都の人が作った。

鳥羽伏見の戦いで新選組の土方歳三が立てこもった伏見奉行所近辺の土だそうである。
今は住宅地になって跡形もない。

spt-hushimi-8-bugyo-8651-s1.jpg

もちろん、そんな感慨に耽りながら食したわけではなく、ただ「うまい、うまい」と飲み食いしただけである。

posted by なすび at 12:29| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

勝間和代の同性愛

同性愛は異性愛の変種であり、男役と女役があることに変わりはない。
勝間和代(49)がレズをカミングアウトしたようだが、下世話な私が最も関心を持ったのは、どちらが男役でどちらが女役だろうということであった。

勝間のお相手は40歳の会社経営者。
写真を見る限り、ごく普通の知的美人である。

ところがこのお相手、前歴があり、元タカラジェンヌの男役と交際していた(現在はパートナーシップ解消)。
勝間も「思春期ごろから女の子を好きになる感覚があった」と言っているようだから、勝間が男役でお相手が女役と考えてよかろう。

私的にはこの時点でほぼ納得し、問題解決した気分だが、もう少し考えてみよう。

このお相手が経営している会社はLGBTのコンサル会社である。
企業や団体にLGBTの研修など行うのだろう。

この人にとっては、有名人をパートナーにし、話題になれば自身の会社の利益に繋がる。
元タカラジェンヌとはディズニーシーで結婚式を挙げ話題になった。
勝間はブログでカミングアウトしたようだが、元タカラジェンヌ以上に有名人である。

勝間も元タカラジェンヌもこの人にカミングアウトさせられた感はあるな。
リスクは常に有名人側にある。
正直、このお相手に利用されている感じは拭えない。

男になりたい女はいるだろうが、女を相手に女役を演じてくれる女は少ないだろう。
本当に希少な存在である。
勝間としても彼女の言うこと聞かざるを得なかったのだろうか。

可哀相なのは勝間の3人の子供・・・これが、私の結論だ。

posted by なすび at 00:09| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

愚痴ばかり

夏の書斎に畳を敷いたのだが・・・まだ、移れていない。
風邪を引いたからである。
冬は風邪も引かず乗り切ったのに・・・季節の変り目は危険だ。

DSC_2817.jpg

GW明けに母を連れて柑橘の里に遊びに行ったのだが、それ以降、調子を崩している。
せっかくの行楽シーズンが台無しであった。

DSC_2784.jpg

風邪が治った頃には梅雨になっているだろう・・・最低だ。
今日は愚痴ばかり。

posted by なすび at 16:41| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

日大アメフトと財務次官セクハラ

日大アメフト部の反則および責任転嫁が問題になっている。
私が一番納得したコメントは須田慎一郎のものだった。

・この手の反則はアメフト界では常態化しており、なにも日大に限った話ではない。
・今年は日大の成績がよく、他校は何としても日大を止めたかった。
・よって、関学がバラした。
・この問題が大きくなり過ぎると、火の粉はアメフト界全体に(当然言い出しっぺの関学にも)及ぶ。
・よって、アメフト界は選手一個人の責任にして、収束を図っている。

図式としては、ブラック企業や森加計というより、財務次官セクハラ問題に似ている。
・テレ朝は官僚に美人記者を送りネタを取っていたにも関わらず、自らセクハラ問題を提起してしまった。
・マスコミ界では美人局が常態化しており、バレると官僚との関係が壊れ、マスコミ全体が困る。
・芸能人のセクハラ事件に便乗し、マスコミは隠蔽を図った。
・今はまったく報道していない。

日本の社会では一部の会社や学校、運動部だけが変なことをするというケースは少ない。
それだけ成熟し、共有化された社会だ。
業界全体の問題として捉えるのが順当だろう。

posted by なすび at 12:17| Comment(2) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする