2017年09月16日

金正恩の不安

北朝鮮がミサイルを撃ちまくっている。
困ったものだ。

北が日本や韓国に当てるつもりがないことは分かっている。
当てれば、その瞬間、米国の攻撃を喰らい独裁者の命はなくなるからだ。
北の独裁者は自分の保身しか考えていない。
何より自分の命が惜しいはずだ。

しかし、何事にもミスはある。
誤って日本のどこかに落ちたら酷いことになる。
確率は低いと思うが、ゼロではない。

米国と北朝鮮は密かに対話を行っている。
ミサイルを撃ちまくっているのは、この対話で北の言い分が通っていないことを示している。
北の言い分とは「北朝鮮を核保有国として認めろ」ということだろう。

米国は騙して核開発を放棄させ、気に入らない独裁者を抹殺してきた歴史がある。
金正恩としては核の放棄はできないだろう。
しかし、米国や他の主要国が北の核を認めるとは思えない。

金正恩は不安な日々を送っている。
いつ米国に攻め殺されるか分からない。
交渉も上手く行っていない。
交渉を優位にしたいがためミサイルを撃ちあげているのだろうが、もはや有効な手段ではない。
しかし、それ以外に方法がないから、必死で撃ちあげている。

ミサイルの発射が彼の身を一層危険に晒している。
それは分かっているが他に方法はない。
ジリジリと迫り来る死の恐怖に打ち勝つことはできない。
独裁者として肝が据わっていないのだろう。
ミサイルの発射ボタンを押した瞬間だけ恐怖を忘れることができる・・・そんな感じだろうか。

posted by なすび at 09:25| Comment(4) | リタイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

ラーメンとゲーム

外食はラーメンが多い。
気がつけば「食べログ」県内トップ10の半数以上の店に行っていた。

上位に入るような店は概ね美味しく、コスパもいいのだが、ときどき首を傾げるような店もある。
手打ち麺だか、無添加だか知らないが、全然旨くないのである。
こだわり系の店ほど旨くない。

実は私が一番好きな店は地元の喫茶店が出すラーメン(県内60位)である。
食べ歩いた結果、このラーメンが一番口に合う。
不思議なものだ。
要は、ラーメンというものは相当好みが分かれるのだろう。

さて、ドラクエ11、ウィッチャー3とゲームを終えて、次のゲームを探している。
基本口コミで評価の高いものから探しているが、ゲームもラーメン同様相当好みが分かれそうだ。

口コミはAmazonで見ているが、高評価する人の話は皆同じ内容で、あまり参考にならない。
だから、低評価のコメントを見て判断する。
私にとって致命的な欠点があれば、そのソフトはパスすることになる。

一応、次はフォールアウト4というソフトに決めた。
最新のエディションが9月末に出るから、それまでのつなぎに信長の野望・創造を買った。
昔のソフトで値段も3,500円と安かった。
これで二週間遊べたら助かる。

posted by なすび at 14:51| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

血塗られた美酒

ウィッチャー3というゲームをやっている。
今は最終話の「血塗られた美酒」という章だ。

14b5ed238ce79dab7cf906d2b4603bf5.jpg

舞台はスペインかイタリアのような国である。
青い空と赤い屋根とワイン。
こういう画面を見ていると・・・やはり、ワインが飲みたくなる。

ということで、近所のスーパーで500円ほどの安ワインを買ってきた。
カルロロッシュというカリフォルニアワインで値段の割に旨い(冷やすとさらに旨い)。
以前、バーの親父が「実は店ではこれを使っているんです」と教えてくれたことがある。

DSC_2304.jpg

骨董のグラスに入れてみた。
なかなかいい感じだ。
さらにゲームが深まりそうである。

posted by なすび at 14:15| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

問題を解決しない人

他の国は自国の利益を優先し、ときには悪どいこともしているが、唯一そういうことをしない国がある。
我が国、日本である。
本当に善なのか、単に悪口を言われるのが嫌いな偽善家なのかよく分からない。

実家に帰って、近所の中高年と話をすることもあるが、実は彼らにもその傾向がある。
問題がある他家があってもクレームを言わない。
黙って我慢し、問題一家ともそれなりに付き合っている。
家族の中ではその家の悪口を言い、多少の憂さは晴らしているのだろう。

正直、私には理解ができない。
問題がある人には問題を指摘し、謝罪させ、改善させるべきだと思っているからだ。
そうしないと、いつまでもこちらが迷惑を被るだろう。
そもそも、そんな人と付き合っても何もいいことがない。

国も国民の集合体である。
近所の中高年のような人が多ければ、国もそのように行動するだろう。
さすがに私より若い世代にはこのような人は多数派ではないと思う。
時とともに日本が変わることを期待したい。

posted by なすび at 12:37| Comment(4) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

ゲームと価値観

PS4で「ウィッチャー3」というゲームをやっている。
分野はアクションRPG。
怪物退治を職業にしている主人公が怪物や悪人をバッサバッサと切り倒して爽快である。
ストレス解消にはもってこいのゲームだ。

このゲームはポーランドの会社が作った。
当然、ポーランドという小国をターゲットにしたものではなく、ヨーロッパやアメリカの市場を意識して制作されたはずだ。
ゲーム大国である日本を無視していたとは思えないが、メインターゲットでないのは確かだろう。

RPGには物語があり、そこには否応なく価値観が入る。
私は最初ドラクエなどと違って洋物ゲームには違和感があるかもと思っていたが、実際はそれほどなかった。
基本的な価値観は以下のような感じである。

 @人種などの多様性を尊重する

 A女性ファースト・・・女性を過度に尊重する

 B悪い奴は徹底的に攻撃し殺す

@人種Aフェミニズムについては、ドラクエなどの和物ゲームと同様、軽いリベラルで違和感はない。
私個人としてはフェミニズムは嫌いで、男女同価値でよいと思っているから、ベタベタした恋愛シーンや女性を甘やかせるのは頂けない。
B殺すについてはさすが洋ゲーである。
死刑廃止と言いながらテロリストをみな現場で射殺している欧米らしい。
容赦ないのである。

いずれにしても、よくできた大作で、もうしばらくゲームに浸りそうである。

posted by なすび at 19:19| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする